カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 「スピード思考力」 | トップページ | 二つの太陽 »

「生きる わたしたちの思い」

生きているということ
いま生きているということ

谷川俊太郎さんの「生きる」はこの文から始まり、そしてこの文は5回繰り返される。
この一文から始まる詩に共感し、自らの「生きる」を考えてみたい。
この一文から始まる詩に感動し、他の人の考える「生きる」に触れてみたい。
そんな取り組みが大きく輪を広げ、一冊の詩集となりました。
「生きる わたしたちの思い」(角川SSコミュニケーションズ)。
人とのつながりを求めて、「私はここだよー」って叫ぶこと、と表現した人。
限りある時間の大切さを思い、「触れた手の温かさに涙が出るということ いつかその手を離れると知っていること」と表現した人。
人を信じることの大切さを「裏切られること 信じること 裏切られること まだ信じること」と表現した人。
どんなに苦しい状況でも未来を信じる気持ちを、「答えはいつも自分の中にあること どんな苦しみにも光はさすということ」と表現した人。
この詩集にはたくさんの「生きる」がつまっています。
すべての「生きる」が感動的に胸に迫ってきます。
一度は考えたことがあるテーマ。
私だったらどんな言葉で表現するだろう?
みなさんならどんな言葉で表現しますか?
この本を読んでいると言葉に命があることを感じます。
「生きる」というすばらしい詩が今まさに息づいていることを実感します。
言葉って不確かな部分がたくさんあるけれども、それぞれの思いを伝えるのになくてはならないものですよね。


「コトバの波紋」
  (谷川俊太郎)

会ったことのない人たち
名前も知らない人たち
どこに住んで何をしているのか
少女なのか主婦なのか
短大生なのか課長なのか
農民なのかフリーターなのかも分からない
でも日本語を話し書く女たち男たちが
脚で歩けないウェブの街角でお喋りしている
声が聞けないウェブのカフェで議論している
地図にないウェブの村はずれで落書きしている
そこはコトバによって創られる架空の世界
自分と他人をミックスできる未来へ開く小宇宙

そこでは・・・
コトバがコトバに一目ぼれします
コトバがコトバの卵を産みます
コトバがコトバを揺り動かします
コトバがコトバと鬼ごっこします
コトバがコトバでうがいをします
コトバがコトバに笑いかけます
コトバがコトバと手をつなぎます

そしてそこでは・・・
どんな小さな子とも
どんなくだらないことも
どんな恥ずかしいことも
どんな無意味なことも
どんな分からないことも
コトバになったおかげで
生きています いまを

黙り込んでいる人もいま生きていて
怒りくるっている人もいま生きていて
生きていたくない人もいま生きていて
生きていることにたとえ意味は見いだせなくとも
生きていることはひとまず美味しいと
そう感じられる幸せを求めて生きているいま
たとえばこっちは夜そっちは朝(たぶん)
でもいまは同じこのいまの地球に生きるあなた
コトバの小石を投げ込んでください
コトバの波紋がどこまでも広がって
やがてどこかの誰かに届くまで

« 「スピード思考力」 | トップページ | 二つの太陽 »

ことばのちから」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/43779085

この記事へのトラックバック一覧です: 「生きる わたしたちの思い」:

« 「スピード思考力」 | トップページ | 二つの太陽 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット