カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 続・校種の違いから | トップページ | 「今、風の中で」 »

続・「手紙」

P1000634

今日は成人の日。
長年の習慣のせいか、なんとなく1月15日の方がしっくり来るのは私だけ?
必ずといっていいほど成人の日は荒れた天気だったような気がしますtyphoon
私は1年浪人したので成人式は大学1年の時。
でも、そういう儀式が嫌いだったのと親に反発していたのとで成人式には出ていません。
(ということはまだ成人になっていないってこと?)
あの頃は世の中すべてのことに反発していたような気がします。
自分でやってみて納得したことでなければ素直に受け入れることができなくて・・・。
世の中の慣習というものに反発。
権威というものに反発。
身近にあるものを傷つけ、壊してしまわないと気がすまないという感じでした。
(激しいでしょ?)
たとえあとになって自分が困ることになることがわかっていても反発せずにはいられなかったというか・・・。
今考えると、弱さの裏返し、弱い自分に反発するための荒れだったのかな。
(今も変わっていないかな?)
それにしても親や周りの大人にたくさん迷惑かけてきたなあ・・・。
そんな自分が教師をやっているから、また不思議です。
ふさわしくない人間、なってはいけない人間が教師をやっているのかもしれません。
そんな人間だからこそ伝えられることってあるかな?
かっこつけて説教しても柄に合わないし・・・。
あの頃の弱さ、つらさ、苦しさ、悩み、ダメだったところ・・・そんなことを今の子どもたちの気持ちなどと重ね合わせて隠さずに正直に伝えている日々です。

そんな成人の日。
「手紙」を聞いていました。
卒業式の全校合唱予定曲で、混声二部合唱に編曲するためです。
聞いているうちに昔の自分を思い出し、ついつい涙を流してしまいました。
「絶対にこの曲を卒業式でやりたい!」
この曲に出会ってからずっと抱いていた思いがさらに強くなりました。
中学校時代、目の前の子どもたちも揺れに揺れています。
本当に荒れた青春、というのがぴったりかな。
それを見るにつけ、昔の自分を思い出しているこの頃。
その子どもたちを放っておけない自分。
ついついストーカーのように近くに寄っている自分がいます。
だからこそ、この曲を子どもたちに贈りたいのです。
荒れた青春時代を過ごしてきた一人の人間からのメッセージとして。
CDの帯には次のような言葉が載っていました。

「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は、私が10代の時に時に実際に書いた30歳の自分に宛てた手紙、つまり「未来の自分への手紙」から生まれました。
この曲の主人公は「15才の僕」と「大人になった僕」。
15才の僕が「負けそうで、泣きそうで、消えてしまいそうな・・・」と切実な気持ちを伝え、それに対して大人になった僕が「自分を信じて歩けばいい・・・」と語りかける。
時を超えて自分と自分がつながり、励まし合うという時間をつくりりたかったのです。
「今の自分、そして未来の自分、すべてを信じ続けて生きていくことによって、きっと幸せはつかめる。」というメッセージを歌にこめました。
今を懸命に生きている10代の人たち、そしてその時代を経験し乗り越えてきたすべての人たちに、この曲を届けたいと思います。
                            2008年 秋 アンジェラ・アキ

すばらしいメッセージだと思いませんか?
アンジェラ・アキさんが10代の時に書いた手紙。
もしかしたら、大人になったアンジェラ・アキさんがその手紙の返信を書くことによってできあがった詩なのかもしれません。
想像だけで書いたものとは違う力強さがあるからです。
だからこそ、これだけ10代の子どもたちの共感を呼んでいるのでしょう。
大人たちにとっても10代の頃の自分の気持ちを思いださせる曲だと思います。
2月末に発売されるアルバムには、「手紙」に関しての特典DVDがついてくるとか。
購入して子どもたちと一緒に見てみようかと考えています。
本当にすばらしい曲に出会えたと感謝しています。
そしてそれを卒業式でやれそうだというこの幸せ。

本当は15歳の自分の部分を女声。
大人になっての自分の部分を男声。
そして15歳の自分と大人になっての自分両方の声となる最後の部分。
そんな風に編曲したいと思うのですが、子どもたちは繰り返しを多くしてあげた方が覚えやすいようなので・・・。
やりたいこととやれることのバランスを考えているところです。

« 続・校種の違いから | トップページ | 「今、風の中で」 »

授業に使えそう!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/43715555

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「手紙」:

« 続・校種の違いから | トップページ | 「今、風の中で」 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット