カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 「930IS」 | トップページ | 「北のおいちーず」 »

新体制で

Img_0022

「頭隠して尻隠さず・・・」

ネコって・・・

これで隠れたつもりなんでしょうね・・・┐( ̄ヘ ̄)┌

さて、話題が変わって宣伝を!
全空知音楽教育連盟の役員体制が一新しました。
昨年9月18日の北海道音楽教育研究大会空知大会。
そして、その研究集録も完成。
これから・・・
新しい役員で研究に取り組むこととなります。
これまで約10年。
一人の人間がずっと研究に携わっていることの方が不思議でした。

一人の人間が続くと・・・

研究の内容に偏りができます。
視野が狭くなってしまいます。
研究の方向に広がりがなくなってしまいます。
組織の硬直化。
組織の私物化。

様々な弊害を生んでしまいます。
遅すぎる交代でした。

今年は変革の年です。

これからの全空知音楽教育連盟の研究も。
新しい研究の方向。
広がりのある研究内容や実技研修。
と魅力的なものになっていくことでしょう。
それをサポートしていくのが私たちの役目です。
これからの全空知音楽教育連盟の研究をお楽しみに!
つくりあげるのはみなさんですよ!
みなさんの全空知音楽教育連盟です。

仲間が増えていかない・・・
今、どこの地域も抱えている大きな問題です。
管理職しか出席しない研究会。研究大会。
それのどこに発展性がありますか?
現場で授業を持っているのは誰?
一人では闘えないのに・・・
残念ながら・・・
多忙化の中で仲間を失い
支えや後ろ盾を失い
自分たちの立場を追い込んでしまっているのが現状です。

何とかしたいものです。
みなさんのがんばりがあって、初めて組織としての力を発揮することができます。
大変、と思うこともあるでしょうが・・・
力を貸して下さい。

私は・・・
全面的に動くことはなくなります。
組織上の立場が違うからです。
ただ、声がかかればいくらでもお手伝いします。

でも、一対一を基本に。
少人数に限ろうと考えています。
一人の人間が持っているよさを引き出すこと。
ここに時間をかけたいと考えます。
同時に複数の方々を・・・
時間と体力が持たないのです。
それ以外は・・・
ブログを利用して広めていくしかないかな・・・。

« 「930IS」 | トップページ | 「北のおいちーず」 »

仲間とともに」カテゴリの記事

コメント

実は・・・。校内研修の助言者をお願いしたいのです。校内での特設研究授業で全員の先生方が見に来ます。その後、反省会という流れです。うちの学校はいわゆる「言語活動」を中心とした校内研修です。私の経験年数が少ないことから、結構反省会などでは頭ごなしに意見を言われてしまいます。思うことはあっても、なかなか言い返すことができないというのが現状です。そこでお力をお借りしたいのです。校内の研修テーマと私の考えている授業とのつながりも含めてお話してくださると助かります。どのように依頼をすればいいのでしょうか?そちらの校長先生にお話した方がいいのでしょうか?そのことも含めて返答を下されば助かります。遠い地ではありますが、よろしくお願いいたします。

電話でもお話ししましたが、助言者の件、了承いたしました。
同じ内容になりますが、コメントにも書かせていただきます。
これを見て参考になると感じる方がいると思うからです。

さて、他の方を推薦しようと考えておりましたが、お話しの中で「私でなければならない理由」が明確に伝わってきました。
研究主題と授業実践との関連づけが目的ということもわかりました。
助言者をお引き受けいたしますが、私の考えているとを述べます。
仮に私の力を借りてその場だけをしのぐことができても、それでは何の解決にもなりません。
いつかはまた同じことを繰り返すことでしょう。
ですから、あなた自身が勉強して変わっていくことを主に考えています。
自分自身の力で研究し、自分を磨き、自分自身で相手を説得して、自分自身で未来を切り拓く。
そのためのお手伝いです。
ですから、かなり厳しい日々が続くと思って下さい。
真剣さが伝わってきたので、私も真剣に向き合います。
そのくらいの覚悟は当然おありですよね?
学校の研究主題とそれを解明したもの。
そして、あなたが授業でやりたいことのメモ。
これらを大至急送ってください。
忙しいなんていっていられません。
このちょっとした取り組みがサッとできるかどうかでも評価されていると思ってください。
まずはそこから始めましょう。

そして、助言者の依頼方法です。
学校長が許可しない限り、正式にお引き受けすることはできません。
そちらの学校長から私の所属する学校長への依頼が必要です。
御面倒をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ちょっと遠い場所ですが・・・。
私も日程や都合を調整しながらがんばります。
5分を大切に取り組んでいきましょう!
とにかく力をつけること。
しかも、謙虚であること。

書き忘れました・・・。

言語活動が研究の中心。
だからといって「鑑賞」にこだわる必要はありません。
私の実践を雑誌で見ての依頼だと思います。
ですが、歌唱表現、器楽表現、創作などなど。
どの音楽学習でも大丈夫です。
「言語活動」ってそんな狭いものじゃないのです。
とにかく、あなたのやりたいことを思いつくままにメモしてください。
そこからです。

言語活動って・・・歌ではムリ、と言われてしまいました。本当にそうなのでしょうか?歌の授業でも話し合いみたいに言語活動は可能だと思うのですが・・・。何を話し合わせるの?と言われて答えることができませんでした。話し合いだけでは言語活動になりませんか?

いいえ!
無理ではありません。
前にも書きましたが、表現でも鑑賞でも、どちらの領域や活動でも言語活動を取り入れた学習は可能です。

共通事項の所を読みましたか?

アには・・・
音色、リズム、速度、旋律、テクスチュア:強弱、形式、構成などの音楽を形づくっている要素や要素同士の関連を知覚し、それらの働きが生み出す特質や雰囲気を感受すること。
(ここが思考力・判断力にあたります)

イ:音楽を形づくっている要素とそれらの働きを表す用語や記号などについて、音楽活動を通して理解すること。
(ここは知識と技能面にあたります)

この二つに支えられた表現力。
これこそが言語活動と関連のあるものとなります。
言語活動って・・・ただ感想を述べ合えばいい、というものではありません。

①音楽の構造的側面について気づいたこと。
②音楽の感性的側面を感じ取ったこと。
③音楽の構造的側面と感性的側面のかかわり。

これらについて音楽の諸要素の言葉を使って伝え合うことが音楽科における言語活動です。
芸術作品を鑑賞して伝え合うこともあるでしょう。
表現活動で、自分はどのように工夫したいのかを伝えることもあるでしょう。
音楽を鑑賞して自分は何に心動かされているのか。
表現を工夫するときに、どんな演奏にしたいのか。
音楽の諸要素という根拠をもとに伝え合うこと。
これを授業で公開できるといいですね。
鑑賞でも表現でも、まずは自分のやりたいことを書いて下さい。
具体的に形にしていかないと、頭の中の想像の部分ばかりで何もすすまなくなってしまいます。
形にしてから考えましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/48118169

この記事へのトラックバック一覧です: 新体制で:

« 「930IS」 | トップページ | 「北のおいちーず」 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット