カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 「北のおいちーず」 | トップページ | 学習評価のあり方 その2 »

学習評価のあり方 その一

P1020107

突然。
職場に封書が届く。
持つと・・・
重たい。

中味は・・・
プリントの束。

なに、これ?

「児童生徒の学習評価のあり方について」

という文部科学省の文書。
わかりやすく読み解いてほしい、とのこと。

俗に言う・・・
「宿題」?
この歳になって・・・(;ω;)

最初は目が疲れるので・・・
いやいや。
ところが!
ざっと目を通したところで心に火がつく。
このブログを読んでいる人たち。
一緒に読み解いてみませんか?
小学校では来年度
中学校では再来年度
この報告に従って評価が変わろうとしています。
先取りして勉強。
一人だときっとやらないことも。
みんなだと聞いているうちに覚えてしまうこともあると思うので。
職場での自分の位置を確立することにもつながるし。
それに・・・
私たち空知が取り組み、主張してきたことがかなり反映されているので。

まずは見直しに至った経過から。

現在の評価の観点。
これが「学習指導要領」「指導要録」とに密接に関わっていることはみなさんご存じの通りです。

学習評価とは・・・
学習指導要領の目標の実現状況を把握し指導の改善に生かすもの。
その評価は指導要録に記載される。

数年前に教育基本法が変わり。。。
それを受けて学習指導要領も変わる。
その学習指導要領は、前倒しで移行措置としてすでに一部分が実施。

学習指導要領が変わったということは・・・
その目標にあわせて「観点別評価」も整理されるということ。
特に。
今回の改訂では・・・
学力を3つの要素でとらえている。

学力の3つの要素・・・
全空知音楽教育連盟で何回も私が説明してきたこと。
覚えてる?

「学ぼうとする力」

「学ぶ力」

「学んだ力」

「関心・意欲・態度」と関わりのある学力を「学ぼうとする力」。
この学力は、主体的に学ぶことができることを目指してのもの。

「思考・判断・表現」と関わりのある学力を「学ぶ力」。
この学力は、知識・理解を活用して自ら課題を解決するためのもの。

「知識・理解」「技能」と関わりのある学力を「学んだ力」。
学習することによって身につけた基礎的・基本的な知識・技能のこと。

この3つの学力の観点から整理。
これが大きな流れとなっている。
世間一般での学力というと・・・
「学んだ力」に重きの置かれることが多い。
というよりも、そのことのみを指すことが多い。
でも、学力には3つある。

「3つの学力」

まず、これをしっかり頭にたたき込みましょう。
すべての教科に共通なのですから、校内研修で自分の意見を反映させることができますよ。

さて、
今回変わるにあたってのポイントは・・・
「思考・判断・表現」の「表現」。
「表現」という言葉の定義の見直し。
言語活動の絡みでここの見直しと整理が重視されています。
どの教科もです。

①「思考・判断・表現」の「表現」
②「技能・表現」の「表現」
従来は「技能」と「表現」を一体ととらえており・・・
この①と②の「表現」の混同がみられました。

そこで今回は・・・

①「思考・判断・表現」
言語活動と一体化させた表現。
思考・判断に支えられた表現
自分の力で発表したり、討論したりといった高度な表現を指す

②「技能」(表現を削除した)
混乱を避けるために、この言葉のみに統一。
数学で言うなら、数字や式、グラフで表すといった基本的なもの。
音楽で言うなら・・・
表現するために必要な技術
表現を支えるために必要な記号

このように整理されます。
これを受けて、「各教科の評価の観点(案)」も出されています。
4観点に変わりはないのですが・・・
第2観点、第3観点、第4観点の定義が変わっています。
といっても
全空知音楽教育連盟で今まで書いてきたことなんですが。。。
詳しくはこれjからをお待ち下さい。
書きたいことがたくさんあるのですが。。。
時間が足りなくて。。。

今日のところはここまで。
一気に読むのは大変だと思うので。

今日の最後は・・・
現場に任されていた評価の作成。
これが・・・
負担削減のために・・・

教師の資料の共有化
組織的に学習評価に取り組む

国や都道府県が一体となり・・・
参考となる評価の観点を示す

それぞれの教師の財産を共有できるようになること。
見本となる資料が手には入りやすくなること。
確かに負担の軽減化が図られそう。
でも、自分で考える機会は・・・
減りそう。

一長一短かな。。。

« 「北のおいちーず」 | トップページ | 学習評価のあり方 その2 »

音楽科教育を読む」カテゴリの記事

コメント

とてもわかりやすいです。きっと完結するまでに数回かかるのでしょうが、必ず完結させてください。3つの学力は目から鱗です。こんなにすっきり関連付けできるなんて。早く音楽の評価についての話にならないかなあ。お時間のない中での読み解きなので大変でしょうけど。楽しみにしています。知らなくても授業や評価はできるかもしれません。知らないと周りから言われるがままになってしまうような気がしています。がんばって目を通さなくちゃね。

ありがとうございます。
今は時間がないのです。
書きたいことはあるのだけれども、そこまでいかないのです。
本当は・・・
今日はコンピュータを見ない日に決めていたんですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/48137935

この記事へのトラックバック一覧です: 学習評価のあり方 その一:

« 「北のおいちーず」 | トップページ | 学習評価のあり方 その2 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット