カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の18件の記事

「評価規準」

Img_0003


「評価規準ってなに?」

素朴な質問がありました。
最近、よく目にする言葉だものね。
目にする言葉だけれども意味を知っているかというと・・・
「?」がつくかな。
わからないことをわからないと正直に伝える勇気ってすごいなあ、と思います。
私は知ったかぶりをしてしまいがちなので(^-^;

一言で説明すると・・・

「評価基準」・・・
集団の中で、
その成績や位置づけとなる拠り所。
できたか、できていないかを判定する。
最終的に達成した状況を見とる。

「評価規準」・・・
教師側が立てた目標に照らし合わせて、
一人ひとりの学習状況を見取る。
そのことにより、一人ひとりの学びを確実にする。
過程を段階をふんで見とる。
できていないと判断した子どもはできるように、
できていると判断した子どもはさらにできるように。
評価した後の手立てを講じる。

ここからは、ちょっとはくわしく説明。

「評価基準」

「評価規準」。
どちらもすなおに読めば「ひょうかきじゅん」。
でも、その意味するところは大きく違う。
一字違うだけなのにね!

でも、英語にしてみると違いが見えてくる。
英語では・・・
「基準」は「STANDARD」。
「規準」は「CRITERION」。
そんなことから、
「評価基準」を「ひょうかきじゅん」
「評価規準」を「ひょうかのりじゅん」
と読んで区別する。

1.「評価基準」とは・・・

学習内容を習得できているか、
また、完全な習得の状態からどの程度隔たっているか、
という達成度を見ようとするもの。
知識の量や技能の習熟の程度を客観的に測定することができるよさがある。
ところが、
ここをあまりにも重視するあまり、
「できたか」
「できないか」
だけを判定して終わりという状況も生まれてきた。
このテストで80点以上とったから「A」とか、
40点以下だったから「C」とか、
いわゆる通知票などの「5,4,3,2,1」といった「評定」や「点数」をつけるためだけに利用されてしまうという状況も・・・。
教えて、テストをして点数をつけて順位を出したら終わり。
客観的データという名の下に、数字による機械的なランク付けをするだけ。
こんな状況を生み出してしまった。
本来の評価の意図するところは違うのに・・・。
点数をつけた後なんだよなあ。。。
教師側の教え方はどうだったのかを反省したり、、
つまずいているところを再度教えたり・・・。

それに対する反省から「評価規準」が脚光を浴び始める。

2.では「評価規準」とは?

自動車免許の取得、
これが例として一番わかりやすいと私は思う。
いろんな方にお話ししてきて、これが一番理解してもらえた。

教習所で免許を取る時、
車を運転するのに必要な知識や技能を身につけないと運転免許はもらえない。
車を運転するのに必要な知識や技能を習得することが求められる。
集団の位置づけなんて全く関係なし。
教習所に通う一人ひとりに身についたかどうかが問題。
あくまでも一人ひとりが対象。
ここをないがしろにしてしまうと、事故や違反だらけになるものね。
ただ、人間なので完全・完璧に運転に必要な知識や技能を身につけるなんてムリ。
どの程度まで身につければよいかということが問題になってくる。
人や気分によって判断されたんじゃあ困るし・・・。

しかも、この運転するのに必要な知識や技能、
確実に身につけることができるよう細かく段階に分かれている。
ある段階の知識や技能が習得できていないと判断されるや・・・
補習がつく。
どの程度身につけていればよいかの基準は明確。
補習の原因をちゃんと納得がいくように説明してくれる。
そして、
達成でなければ何度でも補習。
達成するまで補習するというところに意味がある。
つまり、
身につけるべき知識や技能がある程度達成されるまでは教習所が責任を持って面倒を見てくれる、ということ。

だから、
教習所を卒業すると運転に必要な一定の知識や技能が身についていることになる。
達成もしていないのに次の段階に進ませたり、
卒業させてしまっては教習所の責任となる。
教えるからには、身につけるところまで責任があるという考え方。

これを学校に当てはめると・・・
教えっぱなしはダメ。
この単元や題材で習得してほしい学習内容をはっきりとさせ、
それが身に付いていないと判断した時には・・・
身につけさせる手だてをとる。
すでに身につけてしまっていると判断したときには・・・
さらにその知識や技能を伸ばす。
最終的にどのような状態になっているかを判断するのではなく、過程の状況を判断。
段階を細かくすることにより、確実に身につくよう指導するところによさがある。
一人ひとりに焦点を当てていないと、こんなことできないですよね。

教えたのにできないおまえが悪い
点数のとれないおまえが悪い
努力しないおまえが悪い
と切り捨てるのではなく・・・
身につけることができるように教え導く。
広い範囲だと何から勉強していいかわからなくなるけど、
狭い範囲だと子どもの労力も少なくてすむだろうし、修正もしやすい。
それでも勉強しない子どもはいるけれどもね・・・


ここからは、もっとくわしくなりますよ!

評価規準とは、教育目標をよりどころとし、どんな学力を身につけさせたいのかを評価の視点から明確に具体化したもの。
そして、目標を達成させるために「何を評価するのか」を明確にするものである。
各教科で設定した目標をその子どもなりにどこまで実現しているかという状況や、人との比較ではない一人ひとりの子どものよい点や可能性、進歩の状況について把握するもの。
なにを根拠に達成できたかできないかを判断するのかを明確にしなくてはならない。  
だからこそ、目標や学習内容の明確化が叫ばれている。

また、評価規準は、単元や題材の目標と密接にかかわるものであり、年間のカリキュラムにも位置づけられるものでもある。
そうすることにより、単元や題材、年間を通して、どんな学力を身につけさせ、それを身につけていく過程を見取るためにどんなところを評価していくのかという教育計画が明確になる。
評価規準は、目標をどこまで達成したのかという位置づけを重視するものではなく、あくまで目標を達成していくその過程を見取ることに重点を置いたものである。

研修会で、
「これからは評価規準で指導計画を立てましょう!」
なんて急にいわれても・・・
なぜ、評価規準が必要なのかがわからないとね。
ただ、ここまでわかって説明している人がいるかどうか・・・。

「グッバイ また明日ね」

Img_1788

大好きな大好きな卒業生のために・・・

低学年の子どもたちが選んだ一曲、

「グッバイ また明日ね」

小学校5年生の教科書に載っている曲です。


http://www.youtube.com/watch?v=sVjiGV8RXuw

八分音符二つのリズムが主体。

でも、それを・・・

一つめの音符を四分音符、二つめの音符を八分音符の三連符として歌う。

この「タータ、タータ・・・」と続くリズム感が独特のノリを生み出すみたい。

お別れって・・・

本当はすごく悲しいことなのに、

この歌には希望がある。

そこも子どもたちのお気に入り。

ふとしたときに頭の中に浮かんでくるので・・・

ついつい歌ってしまいますhappy01



先日・・・

外で遊んでいた子どもが校舎に駆け込んできました。

「もれる~sweat01

一目散にトイレへ。

直後にトイレの中から声が聞こえます。

具合でも悪いのか?

と思いきや・・・

「グッバイ また明日ね」

を大きな声で歌っていましたcoldsweats01

今はあちこちから時間を問わずに聞こえてきます。

こういう雰囲気ができてくると・・・

卒業式も大成功です。

心のこもった式になることでしょう。

私は伴奏と司会でお手伝い。

それまでのお仕事もいっぱいだけれどもね。

コストコのピザ

Img_0093

でか!

大きさがわかるように卵パックを隣に置いてみました。

42cmだったかなあ。。。

北広島にある「コストコ」というお店で売っているピザです。

会員になっている同僚が買ってきてくれました。

(私は会員ではありません)

ビッグサイズ

安くて安全

大量買い

するなら・・・

ここだそうです。

このピザ・・・

常識を覆される真四角のピザ。

丸じゃないんだよなあ・・・w(゚o゚)w

かなり大きくて・・・

3人がかりで、

二日間かけて食べきったのでした。。。

美味しかったです。

ありがとう!

のだめカンタービレ 完結

Img_0092

書店をうろうろ・・・

「のだめカンタービレ25巻」

なるものを発見。

へ?

しかも、

「完結編」とある。

アンコール オペラ編?

見たことないぞ!

25巻があるってことは・・・

24巻もあるってことだよなあ。。。

と思って探してみると、程なく発見。

23巻以降続編が出ていたのか・・・。

これで本当に完結。

一気に読んだのでした。

一巻ずつ読むよりも、、、

まとめて読んだ方が話の続きもよくわかるし・・・

なんだか得した気分happy01

進路指導

Img_0087

夢を語る子どもがいる。

「日本一の牛飼いになる」

「美味しいお米を作りたい」

「ミュージシャンになって歌で訴えたい」

「看護士になって人の役に立ちたい」

夢はそれぞれ。

でも、

熱く夢を語る子どもに限って達成が難しかったりする。

そんな子どもに出会ったとき、

どうする?

無理だからと諦めさせる?

その子ができそうな他の道を紹介する?

小さい頃からの夢、

強く強く願っている夢、

目を輝かせて熱く語る夢、

これらを簡単に諦めさせることなんてできる?

成績を理由に。。。

どうすればその子の夢が叶うのか、

夢を叶えるために必要なものは何か、

今やらなければいけないことは何か、

どんな覚悟が必要なのか、

達成させるためにはどんな道があるのか、

なんとかその子が夢を叶ることができるようにいろいろと模索する。

それが進路指導じゃないのか?

だからこそ、受検の数年前から夢を聞き、

勉強が足りないのであれば尻を叩いたり、

面倒を見たり・・・

生活が乱れているのであれば立ち直らせようと努力したり・・・

テストの成績だけで切り捨てるのではなく、

点数がとれなかったからとその子の責任にするのではなく。

大人として、

それまでの経験から見通しを持って導く。

「音楽の道に進む?

 無理、無理!」

そういわれてきたけれども・・・

すごく悔しい思いをしてきたけれども・・・

こうして音楽に携わっている自分がいる。

だからこそ、

子どもの夢を大切にしたい。

進路指導は子どもの一生にかかわること。

大人の論理で冷たく切り捨てたり、

軽々しく考えて論じたり、

大それたことを、

身の程知らずと笑ったりしないで下さい。

子どもたちは・・・

その夢への思いが強ければ強いほど真剣なのですから。

「大信州 酒暦」

Img_0089

部屋にたまりにたまった本。

今朝のテレビ番組を見て・・・

3年間目を通していない本は処分することに。

売れそうな本は近くの古本屋へ。

すると・・・

なんということでしょう!

古本が、日本酒代に大変身happy01

さっそくいつもの酒屋へdash

Img_0091

「あら~!

 よかった!

 残り2本になったので・・・

 いつ来るかと思ってました。」

なになに?

お勧めのお酒が入っているの?

「期間限定

 しかも数量限定のお酒です。

 北海道ではうちだけ。

 本州でも1件しか扱ってないんですよ!

 酵母を変えて試しに作ってみたものだそうです。

 今までの大信州のイメージを捨てて飲んで下さいね。」

ということで・・・

今月のお酒はこれできまり!

大変な一週間をのりきったご褒美です。

Img_0094

Img_0095

100円ショップで見つけた有田焼。

ちょっと小さめなのと、

白い陶器が気に入ったので。

2月生まれの方に乾杯!

あと・・・

体調にも気をつけて飲みますね(^-^;


そうそう、

この間、飲みにいって気に入ったお酒。

「風の森」

奈良県のお酒で、かなり珍しいということだけれども・・・。

これを手に入れたいなあ、と思っています。

お酒のイメージが変わりますよ!

「奴奈姫(ぬなひめ)」

もお勧め!

どちらも、手頃な値段だけれども・・・

なかなか手に入りませんよ。

私の好きなお酒ですbottle

人としての愛

Dsc_0234

ここ最近、心の痛くなることが多かったです。

人を愛し、

人に愛される。

ここに特別な資格なんてものはいりません。

人間として生きているのですから、当然のこと。

この当然のことをねじ曲がった束縛で奪われてしまうことが辛く、悲しいです。

教育出版という会社が出している中学校の音楽の教科書。

そこに私の大好きな歌があります。

「生命(いのち)が羽ばたくとき」

という歌です。

作詞は人見敬子さん。

夢見ることは 生きる力
未来の日々を 信じること
明日から 吹く風に
翼をひろげ 羽ばたこう 今
夕日追いかけて 夜をこえて
本当の自分さがす
夢見るために 夢見るために
生まれてきた


愛することは 生きる光
確かな生命 感じること
心へと 降る虹の
やさしさの意味を 分けあおう 今
同じ空の下 心つくし
この時をともに歩む
愛するために 愛するために
生まれてきた

以下は2008年4月21日に、このブログに載せた記事です。



「夢を見ること」
「愛すること」
どちらも生きていく上で大切なことです。
それなのに今の社会の現状を考えると、その大切なものがないがしろにされているような気がしてなりません。
だからこそ、私はこの曲の歌詞を子どもたちに味わわせたいのです。
「夢みること」
「愛すること」
を自分たちはどう考えるのか、を。
合唱に仕上げて終わりにはしたくないのです。

「夢を見ること」

私たち大人は子どもに夢を見ることをあきらめさせてはいませんか?
「お前には無理、」
「やっても無駄」
「できるわけない」
・・・たくさんの冷たい言葉を浴びせて子どもたちの芽をつぶしていませんか?
大人はいろいろな経験をしています。
その地点から子どもたちのやること、考えることを見て失敗しないように安全な方向にばかり子どもを導いていく。
自分の子どもに失敗はさせたくないですものね。
でも、子どもが乗っているレールは本当にその子にとってやりたいことなのかな?
もしかしたら、あれもだめ、これもだめって言われて仕方なく残った道をただ何となく歩んでいるだけかもしれませんよね。
子どもたちには、あれもやってみたい、これもやってみたい・・幼稚園や小学校の小さいときに、いっぱいいっぱい夢を持ってもらいたいです。
たくさんある夢の中から一つ夢が叶うと生きていこうという希望が出てくるはずだと思うのですが・・・
甘いですか?

「愛すること」

人間は人とかかわり合って自分を成長させていくことができます。
残念ながら、今は自信のない人たちが自分より立場の弱い人たちをつくったり、見つけたりしては痛めつけていることが多いような気がします。
一人の人間がまわりの一人ひとりを大切にすることによってやさしい社会を築きませんか?
「あいつのせいでこんな社会になっている」
と誰かを批判する時間があるのであれば、まずは自分一人でできるところから行動してみてはどうでしょうか?
一人ひとりのほんの小さな努力で社会は変わっていくと思います。
今を生きる人たちがお互いを尊重し合うことによって、一人ひとりが大切にされ、そして自信を持って生きていくことのできる社会ができあがるような気がするのです・・・
これも甘いですか?

「愛」なくしていきることはできないと思います。
あなたは人を愛することのできる人間であるということ。
あなたは人から愛される存在であるということ。
ただ、
今は出会っている相手が違うだけ。
一刻も早く、
本来の「愛」を取り戻して下さい。
かなり勇気のいる一歩となるでしょうが、自分自身の生命にもかかわることですから。。。

雪の華

Img_0066

この冬一番の冷え込み!

-22℃

w(゚o゚)w

体感温度はそれほどでもないのに・・・。

これほどの寒さの偶然が生み出す美しさ。

地面に咲く

「雪の華」

生まれて初めての経験です。

冷たさが・・・

どうしてかくも美しい花を生み出すのでしょう?

グミ2つ分・・・

Foodpic945546

2月14日、

今日はバレンタインデー。

「お世話になりました」

とチョコレートをいただくheart04

手作りの小さなチョコレート。

感謝の言葉をそえながら、

小学生なりの気持ちの表現。

手紙を書いてくれた子どもも。

そんなに・・・気を遣わなくてもいいのにね。


写真のチョコレートをくれたのは低学年の女の子。

にこにこしながら手渡してくれた。

と思ったら・・・

「あっ!

 もしかしたら・・・

 担任の先生のかもしれないから・・・

 確認させて!」

とのこと。

何か形でも違うの?

と聞いてみたところ・・・

「担任の先生のチョコには・・・

 グミが5つのってるのlovely

だって・・・sweat02

グミ2つ分の愛の差か・・・

小学生にとってその差は大きいんだろうなあ。。。

「ま、2つ分くらいの差ならいいか・・・」

なんて言うのは大人だけ?

グミ2つ分負けましたね!

と笑う同僚たちhappy02

いつも言っているでしょ!

担任が一番なのさ!

人とのつながり

Dsc_0235

久しぶりに夜中まで語り合う。

その時のテーマがこれ。

「人とのつながり」

これからの全空知音楽教育連盟の命運。

すべてはこの言葉に集約される。

義以為質

礼以行之

孫以出之

信以成之

義以て(もって)質と為し(なし)、
礼以てこれを行い、
孫(そん)以てこれを出(い)だし、
信以てこれを成す

意味は・・・
正義を己の内部の本質となし、
礼節をもって実行し、
謙遜によって言葉を表現し、
信義によって完成する

どんな組織においても、

特に大切にしなければいけないこと、

それは・・・

「人と人とのつながり」

信頼関係といってもかまわない。

その信頼関係は・・・

「正義」

「礼節」

「謙遜」

「信義」

から生まれると孔子は言う。

肩書きのある人の言っていること、
これがすべて正しいとは限らない。
肩書きで自分の言うことを聞かせようとするならば、
人の気持ちはどんどん離れていくばかり。
そんな組織に魅力はない。

相手のよいところを見ることができない人間、
相手をけなしてばかりの人間、
そんな人間にはついていこうという気持ちがわかないもの。
一人ひとりの人間を大切にし、礼節をつくしてこそ人は生きる。

実力があり、知識があるからと威張る人間。
実力があればなにをしても許されるものではない。
謙遜を忘れ、
傲慢な態度をとる人間、
そんな人間とは一緒に働く気も起こらなくなってしまう。

人を信頼すること、
人から信頼されること、
自分を信じること、
「信義」がすべて。

近くにいる仲間、

そばにいる人を大切にする組織だからこそ、

近者説

遠者来

近き者は説(よろこ)び、

遠き者来たらん

意味は・・・

まわりの人が喜んでついてくるようなら、

遠くからでも人は自然に集まってくる

となる。

最初はごくわずかの人しかついてこないかもしれない。

でも、

「信義」をつくして一歩を歩めば・・・

必ず花開くときが来ると思う。

思いつきではなく、

熟慮を重ね、

十年先、二十年先、三十年先を見据えて動きたい。

2011 Concert in Yuni

Img_0060

今年もこの時期となりました。
第25回空知音楽教員実践交流発表会。
名付けて・・・

2011 Concert in Yuni

毎年行われてきたコンサート。
由仁町で行われるのは、これで5回目。
地元密着型の手作りのコンサートが大きな評判となっています。

さてさて、
今年はどんな演奏が繰り広げられるのかな?

Img_0019

カッチーニ作曲:「Ave Maria」
ピアノの前奏が響きわたる。
おっ!
この音の高さならかなり高い声での演奏か?
と思っていたらいきなりの太い声。
プログラムを見たらバリトン独唱でしたcoldsweats01
カウンター・テナーの演奏が強く印象に残っていて・・・。
勝手に思い込んでいたのでした。
声量の豊かな、心にしみる歌でした。

Img_0022

リコーダー・アンサンブル。
「ビリーブ」という曲では・・・
子どもたちが一緒に小さな声で歌っていました。
静かに、じっと聞くのもいいけれども・・・
リズムに合わせて身体を動かしたり、
一緒に旋律を口ずさんだり、
子どもたちの反応がとてもうれしかったです。

Img_0029

中学生が文化箏を演奏してくれました。
こんなにたくさんの大人たちの前で・・・
かなり緊張しただろうに。
「涙そうそう」のやさしい音色が会場いっぱいにあふれていました。
伴奏の、イメチェンした仲間にビックリw(゚o゚)w
今度は和服で演奏だね!

Img_0033

シューベルトの「楽興の時」を熱演。
冬の景色を思わせる第2曲。
たどたどしい手風琴の響き、第3曲。
シューベルトの世界を堪能しました。

Img_0034

会場からも・・・
「おお~!」
と声が漏れる衣装と歌声。
軽やかに、しかも情熱的な演奏でした。

Img_0040

来年度いっぱいで統合となる三川中学校の全校合唱。
「今日から明日へ」
真剣さが心を打ちます。
充実感と満足感、達成感の笑顔がすてきでした。

Img_0041

最後は全員合唱で締めくくり。

「信じる」
「あなたに会えて」

このアングルでの写真はなかなか撮れません。
ステージ上で歌いながら撮影。
カメラのレンズから必ず視線をずらす指揮者。
実は、照れ屋だったんですね・・・happy01
というのは冗談。
まさかステージ上から写真を撮るなんて思っていなかったのでしょう。
よけいな緊張を、ゴメンナサイ。

演奏者と会場が一体となった瞬間。
楽しい音楽会の最後でした。

Img_0048

夜は懇親会。
美味しい料理とたくさんのワインwineで話が盛り上がりました。

テーマは・・・「人とのつながり」

自分の生き方や行動がどれだけ人に影響を与えるか。
逆に、
まわりの方の生き方や行動からどれだけ影響を受けているか。
それらを実感した一日でした。

「信義」を大切に。

自分が相手にしたことは・・・
必ず自分に返ってくる。
どんなにうまくごまかして生きても、
必ずメッキははがれる。

人として真剣に生きましょう!

ここで宣伝!
来年度は2回交流会を開く予定。
名付けて・・・
「失敗を語る会」。
実践の成功を語ってはいけませんよ・・・coldsweats01

スクリャービン三昧

Img_0011

練習曲OP.42-5ですっかり火がつき・・・

毎日毎日、スクリャービン漬け(*´v゚*)ゞ

一回はまってしまうと・・・

その独特の世界から抜け出せなくなるんだよなあ。。。

まずは、ピアノ・ソナタ。

アシュケナージの弾く第1番、火を噴くかのような第1楽章、
右手を故障したときに自殺を考えながら作曲した第4楽章「葬送行進曲」、
熱演だと思う。

ポゴレリッチが弾く第2番の多彩な音色にくらくら。

グールドが弾く第3番の意外な対位法的処理のおもしろさ。

ホロヴィッツが弾く第9番と第10番、
あっという間に違う世界に連れ去られてしまったかのよう。。。

それから・・・

まるでショパンのような繊細な書法のピアノ協奏曲。
同世代のラフマニノフとは別世界。

神はいる、と確信してしまうブーレーズ指揮の「法悦の詩」。

でも、やっぱりホロヴィッツが弾くスクリャービンに心引かれる。
「焔に向かって」、練習曲、前奏曲、詩曲、ソナタ・・・

私にとってのスクリャービンの原点。

魔法の薬でも飲まされたかのようにのめり込んでしまう。

ただ、それに対抗するピアニストがいるんですわ!

ソフロニツキー。

なんと!

スクリャービンの娘さんを嫁にもらっているピアニスト。
まあ、結婚したのはスクリャービンが亡くなったあとだけれども。
ソフロニツキーはスクリャービンの演奏を聞き逃したことを一生悔やんでいたし。

ロシア国内での活動に限られたため、西側での知名度は低い。
それでも、かのリヒテルを始め著名なピアニストたちが「神」と呼ぶ存在。
すごいでしょ?

ホロヴィッツとは違う方法だけれども、
スクリャービンの素晴らしさを伝えていると思う。

特に、練習曲OP.42-5はソフロニツキーの方が焔のメラメラ感が出ていると思う。

もう一つ対照的なのは練習曲OP.8-12。

最初の主題、十六分音符のあとの二分音符の扱いが明らかに違う。

ホロヴィッツは、十六分音符を短く鋭く弾き、続く二分音符を強調。
劇的な効果を生み出している。

ソフロニツキーは、次の旋律への移行の一部分と考えて十六分音符をやや鈍めに、そして二分音符も強調することはない。
息の長い旋律として繋がるため、幻想の広がりがある。

そのほかにも・・・

ここぞ、というところでテンポと音量をを上げ、聴き手の心をあおり立てるホロヴィッツ。
頂点を築いたと思ったら、
ふっと小休止を入れて音量を下げる技に心躍らされる。

頂点を築く前に音量と速度をやや落としてから堂々と歩みを進めていくソフロニツキー。
まるで神か英雄が弾いているみたい。

しばらくはスクリャービンの音楽が頭から離れそうにありませんcoldsweats01

写真は・・・

職場の非常階段から撮した今日の朝陽。

そうそう、
私にとって
「これが恋人の色!」
と限定できるものはなくて・・・
花であったり、
月であったり、
夕陽であったり、
木々や小鳥であったり、
音楽であったり、
詩であったり
美術品であったり・・・。
この世の中のあらゆる存在、
その中で、
自分の心が感動し、そして惹かれる対象すべてがあてはまりますhappy01

ベートーヴェンもきっと同じだと思います。
つぶやきに書いた方がよかったかな?
(笑)

「五右衛門ラーメン」

Foodpic925484

北海道の真冬。

寒い日が続くと・・・

どうしても食べたくなるのがラーメン。

久しぶりに、

「五右衛門ラーメン」

http://www.goe-mon.jp/

に行ってみようかな。

札幌狸小路9丁目にあるお店に出かけました。

Img_1845

てくてく、てくてく・・・

狸小路のアーケードをくぐり抜けて2丁ほどいくと・・・

あった、

あった、

「三角山

 屋台の醤油味

 五右衛門ラーメン」

の看板。

弾力とコシのある自家製麺、

コクがあって、

しかも、あっさりとしたスープ、

ワンポイントの春菊、

自家製チャーシュー

これらがたまりません!

今日も、美味しかったshine

Img_0004

店内は7席ほど。

いつも満員。

一杯600円なのに・・・

またまた100円割引券をいただきました。

ありがとうございますhappy01

“楽報”2010冬号

Dsc_0241

できあがりました!

全空知音楽教育研究大会の会報

「楽報 2010冬号」

これで今年度の発行は終了です。

原稿執筆に御協力いただきましたみなさまに感謝申し上げます。

冬号の内容は・・・

巻頭言

全空知音楽教育研究大会滝川大会に参加して

学習指導と評価のかかわり

全空知音楽教育連盟について

となっております。

今回は、圧縮に圧縮をかけてなんとかアップすることができました。

圧縮形式はZIP形式。

ファイル形式は・・・

申し訳ありませんが一太郎形式となっております。

うまく開けない方はご一報いただければメールで送信いたします。

カラー版を見ることができるのはここだけです。


「2011.2.5.zip」をダウンロード


なお、

2月11日(金)

に由仁町で行われるコンサート会場にて配布予定です。

みなさんとたくさん交流し、

石井理事長へのこれまでのご功績に感謝する会になればと思います。

「焔に向かって」

Foodpic914262

こんな真冬に生まれました。

しかも、

次の日を迎えようかという真夜中23:55分に。

予定日がずれたため・・・

予測がつかず、親父は飲んで歩いていたようです。

携帯もなかった時代ですから。

電話は・・・うちにはなかったので(泣)。

本来の予定日には・・・

「今日生まれるから!」

と一緒に飲んでいた友だちをたくさん連れて、

酔っぱらったまま病院に現れたようですが。。。coldsweats01

まあ、

いくつになってもお祝いされるのはうれしいものですnote

Dsc_0256

真っ暗の中での蝋燭。

なんだか妙に美しくて見とれていました。

そして、

キャンドル・モードでぱちり。

ゆらゆらと揺らぐ炎がスクリャービンを思いおこさせます。

特に、

あの超絶技巧と神秘和音が鳴り響くピアノ曲


「焔に向かって」

スクリャービンを知ったのはこの曲から。

ホロヴィッツの演奏で。

腰を抜かすぐらいに驚いたのと、

聞き終わったあとの脱力感。

不思議な感覚でした。

その後、映像の存在を知り・・・

ピアノの魔神と呼ばれる由縁がよくわかりました。

「焔に向かって」が気に入ったので、

練習曲や前奏曲、詩曲、ピアノ・ソナタ、交響曲・・・

どんどん曲を見つけては魅力にはまっていったのを覚えています。

初めてスクリャービンに接するなら、

OP.2-1

OP.8-12

OP.42-5

といった練習曲あたりがいいかなあ。。。

古い音源だけれども、

ソフロニツキーというピアニストも素晴らしいです。

季節を味わう

Dsc_0611

今日は節分。
せっせせっせと、
思い思いの鬼の面づくり。
作り手である、その子ならではの特徴が表れるから不思議!

どんな鬼が出るのかな?
無事に退治できるかな?

「先生、今日は鬼まきの日だよ!
 あっ!
 まちがえた、
 豆まきだった・・・(笑)」

と笑い転げる子どもも。
さてさて、
いくつ豆を食べたかな?

Dsc_0580

そして、
真冬ならではの「アイス・キャンドル」。

バケツに水をためて、
一晩そのまま外に置いておきます。
-20℃まで下がった夜に作ったため・・・
試作品はバケツの水全部が氷に。。。
ただの氷の固まりになってしまいました。
キャンドルが入らない。。。
物置ぐらいに入れておけばよかったかなsweat01

Dsc_0572

教訓を生かして、
再チャレンジ!
今度はキャンドルもちゃんと中に入りました。

外には真昼の太陽。
体育館の暗幕をはって・・・

お~!
きれいだね!
雪の中だったらどうかな?

Dsc_0592

薄暗い夕方。
でも、12月ほどには暗くならない。

Dsc_0589

やわらかい光だね~!

この時間でもこれだけきれいなんだから、
夜だったら・・・mist
もっときれいなんだろうなあshine
雪で台をつくってもおもしろかったかな?

Dsc_0613

12月に作ったクリスマスツリー、
まだまだ健在です。
一眼レフで撮ってみましたcamera

明日は立春foot
春はどこまで来ているのだろう。

続きを読む "季節を味わう" »

続・「車屋」

Img_1860

このモクモク感!

そしてカウンターの御常連。

いい雰囲気を醸し出しているでしょ?

( ̄ー+ ̄)

北広島にある焼き鳥店「車屋」です。

Foodpic907935

まずは・・・

モツ煮込み。

湯気が食欲をそそりますnote

冷えたからだがあったまる~!

Foodpic907940

次は鶏皮。

カリカリ感ともちっと感のコラボ。

ダイナミックでしょ?

Foodpic907945

Foodpic907947

豚串。

いただきま~す!

一串、一串がでかいんだよなあgood

Foodpic907943

秘伝のたれをつけた「つくね」。

コクがあってうまい!

あっ!

写真を撮るのを忘れてたsweat01

かじったものでスイマセン。。。

酔ったかなhappy02

Img_1849

ビールに焼酎、

鳥串に豚串3本ずつ、

鶏皮に「つくね」、

モツ煮込み。

これで・・・

2,000円でおつりが来るのだからありがたい!

味も雰囲気も最高です!

以前はお店の写真とモツ煮込みだけを紹介したので。

今回は、お店の雰囲気を。

さ、がんばるぞpunch

「北風と太陽」

Img_1833

みんな知っている有名なお話し。
「北風と太陽」。
こんなお話しでした・・・


北風と太陽が力くらべをしました。
どんな力くらべかって?

コートを着ている旅人。
その旅人のコートを脱がせることができるか。
それを競い合いました。

「旅人が着ているコート?
 俺が吹く風の強さで、あっと言う間に吹き飛ばしてみせる
 さ!」

北風は力一杯、ビュービューと冷たい風を旅人に吹き付けます。
すると・・・
旅人はコートを脱ぐどころか、
決してコートを飛ばされまいと必死に抵抗します。
どんなに強い風を吹き付けても、
結局、
旅人のコートを脱がせることはできませんでした。

次は太陽の番です。
太陽はただ、暖かく、暖かく旅人を照らすだけ。
包み込むように、優しく。
すると・・・
暖かくなってきた旅人は、
自らコートを脱ぎ、
暑くなった体を冷やすために水に入りました。

私たちの生活にあてはめるとどうでしょう?

「こうしなさい!」
「ああしなさい!」

強制的に、押しつけがましく言われたり、
自分の言うことをきかせようと強引だったり、
冷たくされたりすると、

「今やろうと思ったのに・・・」
「うるせーなあ」
「こっちの意見も聞いてくれよ!」
「腹立つ!」

とわかっているけれども抵抗したり、
反発したりしてしまいます。
強制する力や冷たさ、強引さに比例して抵抗する力も強くなっていくのが常。

反対に、
自ら気づき、自分が納得した上で取り組んだことは最後までがんばったりします。
そういう気持ちになるように優しく見守ってくれることがどれだけありがたいか。
そんな時は感謝さえ覚えます。
そして、あたたかい態度や言葉で接してくれると、こちらの気持ちも態度も自然と優しくなっていきます。

Img_1836

このように「北風と太陽」からは、
人との接し方を再確認したり学んだりすることができます。

さて、
今のあなたは北風ですか?
それとも、太陽ですか?

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット