カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 「雪の茅舎」秘伝山廃 | トップページ | 「薫り華やぐヱビス」 »

ベートーヴェン「交響曲第4番」

Img_1998_01

ベートーヴェンの交響曲の中で好きなのは?

と聞かれたら、

第4番はトップの方に入ると思う。

(その日の気分で違うかもしれないけれども・・・coldsweats01



作曲の動機も謎で、

ベートーヴェンにしては珍しくスケッチも残っていない。

だからこそなのか、

天空を駆け巡るかのようなのびのびとした明るさ、

推進力と勢い、

それらが気分を高揚させてくれる。

もちろん、

それだけではなく、

第1楽章序奏の構成力。

一つの音楽が次から次へと発展していくおもしろさ。

ベートーヴェンの交響曲の中ではあまり人気がないとのことだけれども、

それが不思議でならない。



初めて聴いたのは大学生の時。

1年生の時、6年生の先輩の家で。

指揮者はムラビンスキー。

そのときからこの曲が大好きになった。

その後、

写真のカルロス・クライバー指揮の演奏に出会う。

衝撃的な演奏だった。

交響曲第4番だけに限らず、

オーケストラの演奏でこれ以上のものはない、

と思った。

1982年5月、カール・ベームを偲んでバイエルン国立管弦楽団と演奏されたもの。

今から30年も前の演奏なのに、

新鮮さをいまだに失っていない。

聴く度に新しい発見がある演奏。




久しぶりにこのCDを聴き、

クライバーにはまってしまい、

あれこれと聴いています。

今まで気づくことのできなかった音、

演奏者の意図、

それらがようやくわかるようになってきました。

音楽を聴くことが楽しくて楽しくて・・・happy01

« 「雪の茅舎」秘伝山廃 | トップページ | 「薫り華やぐヱビス」 »

つれづれ音楽記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/56974143

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン「交響曲第4番」:

« 「雪の茅舎」秘伝山廃 | トップページ | 「薫り華やぐヱビス」 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット