カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月の9件の記事

評価って・・・

Dsc_0658_01

「あなたのところにいる○○さん、

 難しいでしょ?

 一緒の職場の時、

 反発して大変だったんだ。

 まわりの職員からも受け入れてもらえなくてさ。」




ある会議でこんな話をされる。

どうやら一緒の職場にいる同僚のことらしい。

この話を聞いて、

私の頭の中は、

「?????」

だらけ。

なぜって?

とても一生懸命だから。

初対面の時は確かにつっけんどんなところがあった。

でも、

日にちがたつにつれて、

子どものことを一生懸命考える熱い思いに満ちていることがわかった。

それに、

来客があったときに、

さっとお茶を出し、

片付けも洗剤で洗う丁寧さ。

多くの人は、

流しに置いておくだけなのに、

気のついかいい方がすばらしいと思った。



かくいう私も、

キツイ言葉と生意気な態度で、

けっこう誤解を受けていたような気がする。

だから、

自分と似たようなタイプを見るとうれしくなってしまう。

それに、

好みで評価していたのでは、

された方はたまったものじゃない。

やはり、

その人が持っている良さをしっかり引き出し、

認めてあげないと。

改めて評価って怖いなあ、と思った。

相手の良さを見抜けていないだけなのかもしれない。

やっぱり、

日々学び続けないとね。

自分を磨き続けることが大切。

「教師はサービス業です」

Dsc_0665_01

教師はサービス業です?

なんだこのタイトルは?

と思いつつ手に取る。

タイトルにびっくりしたものの、

さっと目を通すと、

保護者との対応について書かれた本だった。

特段、

購入する気持ちにならなかったので、

棚に戻して会議の場所へ。

ところが、

時間がたつにつれて気になってくる。




そういえば・・・

この間、

保護者の意見を怖がる若手に話したなあ。。。

言われることは怖くない、

傾聴に徹してみては、

わからないから聞いているだけだよ、

敵意を持って接しなくても、

などなど。



何となくさっきの本と似たようなことがあった。

結局、

帰りに本屋へ寄って購入。

でも、買って正解。

言葉一つで怒らせてしまうことの恐ろしさ。

保護者だって、

最初から腹を立てているだけではなく、

話を聞いてほしかっただけ。

怒りのやり場がなく、

学校なら聞いてくれると考えただけ。

違うことは違うっていわなきゃならないけれども、

まずは聞いて受け止めることが大切。

たくさん場数をこなしてきて、

心の底からそう思う。

みんな協力者であると。



この本に出会えて良かった!

ラヴェンダー畑

Dsc_0602_01

北海道のプロ野球チーム、

日ハムの限定ユニホームがラヴェンダー色。

北海道と言えば、

ラヴェンダーというイメージがすっかり定着したのでしょうか?

富良野はとても人が込むので、

私はここで我慢しています。

Img_1880_01

Img_1877_01

今年の花は、

例年よりも10日程早いと思います。

暖冬少雪の影響。

でも、

初夏に入ってからは気温が上がっていません。

不思議な年です。

Dsc_0600_01

Dsc_0605_01

Dsc_0580_01

Dsc_0576_01

甘い匂いをたくさんたくさん堪能してきました。

時間にゆとりができたら、

ゆったりと富良野へ行ってみたい気もします。

続きを読む "ラヴェンダー畑" »

「PIROSMANI」

Dsc_0569_01

グルジアワインについて、

紹介された記事を目にする。

ワインの発祥の地、

そこのワインを一度は飲んでみなければ!

そう思い立ち、

あちこち探すもなかなか見つからず、

ようやく見つけたのがこれ。

誕生日に飲むために購入しました。

Dsc_0567_01

この陶器のボトルが何となく素朴で、

それでいて高級感を醸し出しています。

Dsc_0571_01

きっと、

高級なものから安いものまでいろいろあるのだろうけど、

今回のはお財布に優しいものを。

待ちに待った誕生日、

グラスに注ぐと・・・

濃い赤と甘い香り。

一口目に甘さがくるけれども、

そのあとしっかりとした重さが出てくる。

一度で二度の味わい?

そんな感じでした。

Dsc_0568_01

このワインを、

これまたあこがれのウォッシュドチーズで。

充実した誕生日となりました。

(ちなみに誕生付きは2月です)。

アンガーマネジメント

Dsc_0613_01

それほどの理由もないのに、

感情を高ぶらせ、

怒りを爆発させる子どもが増えている。

落ち着いたところで、

経過を聴き取ると本当取るに足らない些細なことが理由。

給食の盛りつけが少ない、

ドッヂボールでぶつけられた玉が痛かった、

プリントを丁寧に渡してくれなかった・・・

何でそこまで怒っているの?

落ち着いてしまうと、

何が悪かったのか、

このあとどうしなければならないのか、

何に気をつけて生活しなければいけないのか、

ちゃんと自分の言葉で応えることができる。

瞬時のうちに怒りが爆発してしまい、

自分でも押さえられなくなるのだとか。




ただ、

このまま社会に出て通用するはずもなく。

ちゃんと怒りの収め方や伝え方を教えなければならない。

そこに教育があると思う。


そこで、

今読んで実践しているのが「アンガーマネジメント」。

表面として怒りがでているだけで、

そのは以後にはちゃんと理由がある。

その理由を自ら把握し、

怒りではなく、

違う方法で相手に伝える。

かなり使えると思います。

子どもたちのために、

一生かけての学習ですね。

スマホ用レンズ

Img_1867_01

いつも一眼レフを持ち歩くわけに行かないので・・・

スマホ用のレンズがあればなあ・・・

なんて考えていたら、

ちゃんとあるんですね!

私が知らなかっただけ。

世の中進化しているなあ、とつくづく感心。

ついつい衝動買いしてしまいました。

Img_1847_01

Img_1851_01

まずは望遠レンズ。

偶然11羽のかもの親子を発見!

購入したその日に使うことになるとは・・・。

Img_1856_01

魚眼レンズでカイをパチリ。

おもしろさが増します。

Img_1826_01

マクロレンズで薔薇を。

かなり寄れます。

Img_1821_01

広角レンズで広々と。

4つのレンズがついて3000円。

お遊びにはちょうどいいかな。

端っこの方に黒い枠がでるので、

トリミングすれば解決。

ほんのちょっと世界が広がったような気がします。

育成を中心に

Dsc_0557_01

一般教諭の時代には、

出会った子どもたちが、

社会に出て、

厳しい時代であっても自分の良さを発揮して、

生きぬいていけるように、

様々なことを伝えてきた。

そして、

管理職を目指すときに考えていたことがある。

私と出会った同僚に、

私がこれまで培ってきたものを伝えること。

ものの見方、

人との対応の仕方、

諸課題の解決の方法、

子どもとの接し方、

書類の仕上げ方、

自分の強みの磨き方、

・・・

私と出会うことによって、

何か自分なりのものを見つけてほしいという一心。

考えているのは「育成」。

そのことによって、

よりよい教育が実現していくことを願って。

壮大な実験だけれども・・・。

シベリウス&ブラームス

Dsc_0559_01

札幌交響楽団第578回定期演奏会。

会議終了後に駆けつけ、

ロビーで待ちに待ったシベリウスの交響曲第4番と5番のCDを購入。

尾高忠明さんの音楽監督としての集大成。

すべての演奏会を聴き、

毎回繰り広げられるすばらしい演奏に胸が熱くなり、

CDが一枚一枚発売されるのをとても楽しみにしてきた。

独特のほの暗い雰囲気が漂う第4番と、

雄大な大自然を思わせるかのような第5番。

家に帰って早速聞いてみると・・・

あの日の感動がよみがえってくる。

私にとって、宝物のようなCDです。

残すは第6番と第7番。

待ち遠しい。。。

Dsc_0560_01

そのCDの隣には・・・

エリシュカさん指揮のブラームス交響曲第2番が先行発売。

でも、NHKの番組を録画したので購入する気持ちは全くなし。

ところが、

当日のベートーヴェンの第4番とブラームスの第4番の演奏がすさまじく、

帰りに購入してしまったのでした。。。

買って正解。

こちらも家で早速聞いてみると、

NHKの番組以上に熱のこもった演奏となっている。

収録日が違うということがわかった。

ウェーバーの「摩弾の射手」序曲、

モーツアルトの第38番、

ブラームスの交響曲第2番。

どれも生き生きとしていて、

内声がくっきり。

テンポの伸縮にもしっかりとついていく札幌交響楽団がすばらしい!




ようやく自分の時間ができつつあるので、

アパートの住人の邪魔にならぬよう、

時間と音量を考慮して楽しんでいます。

札幌交響楽団、

すごい演奏が続々と繰り広げられています。

それに出会える幸せ!

「Altitudes」

Dsc_0166_01

カルロス・ゴーン氏が株主となっているワイナリー「IXSIR」。

レバノン産のワインです。

グルジアのワインを飲みたくて探していたところ、

こっちを勧められたのです。

Dsc_0163_01

古くからワイン造りに携わっている国、

原点みたいなものを探っているようで、

わくわくしながら飲みました。

Dsc_0165_01

コルクを開けると、

ふわっとした香り。

期待が高まります。

Dsc_0170_01

さわやかなんだけれども、

独特のコクがあって、

とてもおいしかったです。

次回は・・・

お金を貯めてればノンワインの赤を!

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット