カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 一期一会 | トップページ | 「プティ ラパン」 »

心を見せる

Img_4001

先生方に心配をかけることが多かった子どもたち。

式の練習にもなかなか真剣に参加できないことも。

ただだ、

必死に何かを伝えようとする1~5年生の姿に接した途端、

感動が心に満ちたようでした。

練習中に涙する卒業生が出始めたので。

そんな姿を見て、3回目はこんな話をしました。



私が前にいた学校の卒業式は、

北海道のあちこちで小学校の卒業式に参加したことがある、

来賓の高校の校長先生から北海道一感動のある卒業式という評価をもらった。

今、この学校の卒業式も近いところにある。

でも、何かが足りない。

それはなにか・・・?

1~5年生が卒業生のためにすばらしい式をつくってくれている。

卒業生のみんな、感動で涙がでしそうだよね?

でもね、

卒業式はお祝いされるだけの場ではないんだよ。

心のこもったお祝いを受けて涙を流すだけで終わっては駄目なんだ。

卒業生がこの式を創り上げること。

つまり、

卒業生として1~5年生に、そして式場にいるすべての方々に心を伝えなければいけない。

心は込めるものじゃない、

心は見せるものなんだよ。

卒業式当日、6年生の心を見せてください。

それを見ることができたら北海道一感動のある式になります。



そして卒業式当日。

全校児童の心が響き合う最高の式となった。

歌のできは涙でいまいちだったかもしれない、

たくさんの人がいて、その緊張でうまくいかないところも。

でも、心が見えた。

閉式の辞を涙でうまく読むことができませんでした。

« 一期一会 | トップページ | 「プティ ラパン」 »

こころを育てる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/65043086

この記事へのトラックバック一覧です: 心を見せる:

« 一期一会 | トップページ | 「プティ ラパン」 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット