カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 子どものせい? | トップページ | Mahler::Adagietto »

ドビュッシー:海

Dsc_0532_01

ハインツ・ホリガーさん指揮、

第599回札幌交響楽団定期演奏会を聴きに。

どうしてもラトヴィア放送合唱団の演奏を聞きたくなったので。

その記事はまた別にして・・・。

同じ演奏会の最後に演奏されたドビュッシー作曲「海」。

3つの交響的描写という副題がついていて、

「海の上の夜明けから真昼まで」

「波の戯れ」

「風と海との対話」

の3曲からなっている。

3つの曲をに共通の主題があり、

統一感がある。

初めて実演に接し、大規模編成にまずびっくり!

一人の奏者で弾く場面がまったくと言っていい程なく、

必ず複数の楽器が組み合わされている。

楽器の音色が複雑に絡み合い、

同じ緑でも光の当たり方や時間の経過によって

様々に変化していくことを連想させる。

多彩な音色と時間の経過による移ろいゆく音楽、

それを「海」というものになぞらえて表現している。

「海」を音で描写したのではなく、

音楽を海になぞらえている・・・伝わるかなあ・・・。

この演奏を聴いたあとに中島公園を通ると、

こんなにも多様な色彩に世の中があふれていることを再発見。

気づけなかっただけなんですね。

そこにあったのに・・・。




ストラヴィンスキーと共に、

このドビュッシーが新しい音楽の扉を開いたのだな、

と改めて感じた。

半世紀を生きてきて、

ようやくわかることってあるのですね。

すばらしい演奏会でした。

« 子どものせい? | トップページ | Mahler::Adagietto »

つれづれ音楽記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/65309985

この記事へのトラックバック一覧です: ドビュッシー:海:

« 子どものせい? | トップページ | Mahler::Adagietto »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット