カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« ドラえもんの手とのび太の手 | トップページ | 「DOMAINE D'ANDEZON」 »

会話の主導権

Img_4273_01

人と話をする時、

一生懸命に話をする人に主導権があるように見えるけど・・・

実は、

この人なら自分の話を受け止めてくれる、

っていう信頼感があるから人は話をする。

無視されているな、

って感じた時には話は止まる。

いくら一生懸命に伝えても、

わかってくれないと感じた時には伝えるのを諦める。

聞いてくれないなら、もう話するのはやめよう、って。

その意味で、

会話の主導権は聞く側にある。

わかるように伝えていない私が悪い、

と表現している側が反省することが多いけれども・・・

表現したいことを引き出せない聞く側に責任がある。

相手が何を考えているのか、

その心の奥底をていねいに引き出す。

本当に伝えたいことは何か、

話題はこの方向で良いか、

本音を話しているか、

もっと伝えたいという気持ちを起こさせているか、

信頼と尊敬を互いに持つことができているか、

自分が使っている言葉と思いのずれはないか、

ていねいに問いを繰り返していくことで一致点を見つける。

聞き手の態度や心情次第で、

会話は大きく変わっていきます。

「モンスターペアレンツ」という言葉があるけど、

自分の思いを受け止めてくれなかったという不信感から生じていることが多い。

相手がどんな思いで伝えようとしているか、

それを的確に受け止めることができたら、

協力し合える関係を築くことができると思うのです。

まずは「傾聴」からかな。

« ドラえもんの手とのび太の手 | トップページ | 「DOMAINE D'ANDEZON」 »

人をつなぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/65369657

この記事へのトラックバック一覧です: 会話の主導権:

« ドラえもんの手とのび太の手 | トップページ | 「DOMAINE D'ANDEZON」 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット