カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月の8件の記事

「まほら」

Img_5085_01

和楽器奏者のグループ「真秀(まほら)」。

このグループによる

「ルパン三世のテーマ」がおもしろい。


https://www.youtube.com/watch?v=N_ILDC2QNDk

先に紹介したNHKの「Blends」にも共通するのだけれも、

楽器を知り尽くし、

基本をしっかり身につけているからこその応用。

ちゃんと和楽器の良さが出るよう、

周到に編曲がなされている。

真剣勝負といった感じ。

すべての音楽は同等の価値を持つ。

すごく考えさせられる。

すさまじい勢いで、

グローバル化は進んでいるのだと思う。

多様性や差異を認め合う・・・

そんな力を身につけさせるのに使えるのではないか?

「暗幕のゲルニカ」

Img_5011_01

「サロメ」を読んで以来、

すっかり原田マハさんのファンとなり、

次は「暗幕のゲルニカ」を読む。

ピカソが「ゲルニカ」に込めた思い。

誕生するまでの臨場感。

そしてその後の運命。

読み進めるうちに気持ちが高ぶってkる。

「この絵を描いたのは貴様か」

というナチス将校の問い。

「いいや、この絵の作者はあんたたちだ」

と言い返すピカソ。

芸術の力を信じたい・・・心から。

それにしても、

原田マハさんの描く女性が魅力的。

今回は、

ゲルニカの制作過程の撮影を許されたドラ。

ピカソのとの愛憎、

そして生き様がとてもスリリング。

Blends

Dsc_0927_01

何気なく映像を見ていると、

気になるものを発見!

鼓や笙、尺八、箏などの伝統的な和楽器、

これらと西洋楽器や楽曲とのコラボ。

日本の伝統音楽を紹介する番組だと思うのだが、

これがおもしろい。

NHK WORLDの「Blends」という番組。

中でも一番のお気に入りは、

「Smooth Criminal」

そう、

マイケル・ジャクソンの曲。

https://www.youtube.com/watch?v=Ixqo25nFbW4

様々なコラボが用意されていて、

映像の数もかなりの数に上る。

出てくる和楽器も多彩。

選曲はもちろん、

編曲もすばらしく、

和楽器の持ちwじを存分に生かしながら、

楽曲の魅力もしっかりと伝えている。

中学生であれば感じ取ることがたくさんあるはず。

グローバル化といわれるこの時代、

こういうものを教材として扱っていいのではないか?

「True Colours」

Dsc_1012_01_2

とある音楽会、

カナダの作曲家、

John Throwerという人の音楽を聴く。

曲名は「True Colours」というマリンバ独奏の曲。

トレモロによる包み込むような響き、

そこに優しい旋律が歌われていく、

様々に音色を変化させながら。

心にそっとしみいる音楽で、

どこまでも優しい響き。

すごく気に入っので、

さっそく探してみる。

まずは映像付きのもの。

https://www.youtube.com/watch?v=2qY3zHPYJnI

次がスタジオ録音のもの。

https://www.youtube.com/watch?v=UyzrlQR6MfI

このスタジオ録音の方が当日の演奏に近かったような・・・

そしてこの演奏が私のお気に入り。

ダウンロードして時々聞いています。

この演奏会に出かけなければ出会わなかった曲。

心から行って良かったと思いました。

曲のテーマは・・・

「宗教や人種、感情の違いを乗り越え、

 差異を認め合いながら生きていくこと。

 それぞれの個性や意見の違いを尊重し合うこと。

 あなた自身の真実の色を見つけて。」

というもの。

まさにしそう、哲学の問題だと思うのです。

人間としてどう生きていくのか・・・

それを考えさせられる曲です。

「そば哲」

Img_4996_01

一度入店しようと思ったものの、

大混雑のために諦めたお店。

あれから数年。

平日にお店の前を通ると・・・

すいていたので行ってみました。

念願かなって、

「そば哲」のそばを食べることができる。

入店すると、

コレッリの「ラ・フォリア」が流れていて、

気持ちがとても和みました。

何せ、

鶴の湯に入れなかったことが残念で仕方がなかったので。

Img_4997_01

田舎そばを注文し、

さっそく食べる。

香り豊かで甘み十分。

おいしい!

出てきたそば湯も最高!

Img_4992_01

また出かけようと思います。

今度は何にしようかな?

鶴の湯温泉にも入れますように。

蓮の花

Img_4993_01

蓮の花がたくさん咲いているところがありますよ。

そんな情報をもらい、

出かける。

7月末に熊本で蓮の花を見た時は、

すでに終わりかけだった。

でも、

北海道では8月20日過ぎに見頃を迎えるとのこと。

1年で2回蓮の花を楽しめるなんて、

何となくトクした気分。

お盆過ぎの8月16日に行ってみました。

Img_4994_01

自宅から車で30分。

早来にある鶴の湯温泉へ。

青色が鮮やかなしおからとんぼが舞う池へ。

背丈の高い蓮の花を発見。

黒っぽい池からすっと鮮やかな花が伸びる。

どんなに水が汚れていても、

蓮の花はきれいな花を咲かせるのだとか。

Img_4995_01

熊本の蓮の葉は、

私の手のひらの7倍くらいある巨大なものだった。

こちらの蓮の葉は、

小ぶりでかわいらしい感じ。

でも、

見頃にはちょっと早かったようなので、

時間をおいてからまた行こうと思っています。

定休日で鶴の湯に入れなかったので。

本を作る

Img_4977_01

自分の考えを本としてまとめてみたい。

ずっと心の中で描いていた思い。

ブログを読んでいる方々からも・・・

写真としてまとめてみては?

カレンダーみたいなものをつくってみては?

書きためた文章を整理してみては?

様々な要望が届いていました。

自分も、

何となくワープロソフトで打ち込んでいってみようかな・・・

なんて考えていた時に貴重なアドヴァイス。

「せっかく写真を撮っているのだし、

 その写真と文章を組み合わせてみては?

 あなたの良さは短い文章で簡潔に表現すること。

 長い文章よりも、

 きっと心に残るものになるはずです。」

さっそくいろんな会社のものを比べてみた。

気に入ったデザインがあったものの、

非常に値段が高くて手が出ず・・・。

検討した結果、

シンプルではあるけれども、

安くて編集が簡単な「しまうまプリント」に。

どんな仕上がりになるのか、

カイの写真集を試しにつくってみた。

これがなかなか!

文章を練り、

写真を選び、

少しずつ完成させていきます。

まずは、音楽科教育編。

その次は生き方に関わって、かな。

三重湖の夕陽

Img_4961

北海道の南幌町。

三重湖という三日月湖があって、

様々な生物が生息している。

そればかりでなく、

ここの夕陽がけっこうきれい。

Img_4960

熊本、岐阜と道が出張が多かったため、

どこにも出かけられず、

近場で夕陽を見つけに出かけたのでした。

静かな静かな夕陽でした。

Img_4962

Img_4926

Img_4963

夕張川の夕陽も美しく、

しばらく見とれていました。

この日以降、

北海道は曇りや雨が続いたため、

いい時に見に行けたと思っています。

本当は・・・

今年こそ海に行きたかったのですが・・・。

« 2017年8月 | トップページ

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット