カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

« 「竈猫」 | トップページ | 貢献 »

人間関係の5原則

Dsc_0917_01

ある中学校の教頭から相談を受けたことがあります。

職員室の人間関係を良好にするにはどうしたらいいか?

お話を聞くと、

強い生徒指導ができない教師がおり、

他教師のあたりが強いのだとか。

子どもたちがだらしないのは、

その教師に原因があるのだ、と。

教頭も、

子どもたちのために、

その教師に指導力を身につけさせたいと考えているとのことでした。




人間関係の五原則からお話をしました。

人間関係で特に大切なのは、

「信頼」「尊敬」であること。

話を聞いていくと、

その教師はとても優しく、

子どもをほんわりと受けとめる包容力があるのだそうです。

そんな生徒指導ができる教師であれば、私なら尊敬します。

だから、

いわゆる、強い生徒指導ができなければ教師としての価値はありませんか?

と問いました。

そして次に大切なのは、

「共感」「寛容」「協力」であることを伝えました。

その教師の目で見て、耳で聞いて、心で感じ取る。

そしてそれぞれの良さを認め合いながら、

持てる能力を出し合って子どもを教育していく。

つまり、

その教師がダメなのではなく、

「信頼」「尊敬」「共感」「寛容」「協力」のない職員室に問題があると指摘しました。

その教師の良さを見つけ、認め、発揮させる。

相手を変えるのではなく、

教頭自らが変わること、

人として成長すること、

そのことが職員室の和を高め、

子どもにもよい影響が出ること。

そんなことをお話ししました。



どうでしょうか?

その学校の職員は、

誰一人欠けても困る大切でかけがえのない存在です。

うまくいかないことを誰かのせいにしてうまくいくのでしょうか?

どのように人を生かすのか?

腕の見せ所ではないでしょうか?

人間関係の五原則をもとに、

職場づくりを進めてほしいと思います。

« 「竈猫」 | トップページ | 貢献 »

人をつなぐ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507624/66915642

この記事へのトラックバック一覧です: 人間関係の5原則:

« 「竈猫」 | トップページ | 貢献 »

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット