カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

カテゴリー「授業に使えそう!」の105件の記事

音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。

オペラの楽しさ

Dh000126

オペラって楽しい!

いつか見てみたい!

そう思ってくれる子どもを育てたい。

子どもの音楽体験を出発点として、

音楽そのものにたくさん触れさせる。

時間は少々かかるけれども、

子ども自身が知覚と感受を働かせて、

生涯にわたって音楽を楽しむための意欲を高める。

そんなことを考えて、

いつも実践を重ねてきました。


よく使っていたのは、

「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」。

パヴァロッティのコンサートでのアリアとドミンゴのオペラの一部。

パヴァロッティ→
https://www.youtube.com/watch?v=QtlgzFKWZKE&list=RDQtlgzFKWZKE&index=1


ドミンゴ→
https://www.youtube.com/watch?v=AuyglMHsP2o


まずはパバロッティのものを音声だけを聞かせ、

一人で歌っていることと伴奏がオーケストラであることを聴き取らせる。

その後映像で確認。

次にドミンゴのものを音声だけで聞かせ、

同じ曲だけれども何が違うかを考えさせる。

映像で確認し、コンサートとオペラ公演の違いであることを確認。

そして、「オペラの時、オーケストラはどこへ行った?」と発問。

クライバー指揮による「カルメン」の序曲で確認させる。

https://www.youtube.com/watch?v=SaypJ4kmYCE

指揮者登場 → 序曲 → 幕開け

この流れを有名曲と華麗な指揮で確認させることができます。

その後は・・・

有名なオペラの一場面をいくつか視聴させ、

感心・意欲を高めていきます。

小学校で「魔笛」を習ってきていると思うので、

「夜の女王のアリア」を復習してみてもいいかもしれません。

こんな映像はどうでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=463jDvbw3LQ

あくまで私の実践の一部でしかありませんが・・・。

あと、

ユーチューブはとても便利です。

でも、

音声と映像がずれる時がたまにあるので・・・

そこに注意しましょう。

アイーダを理解させるのはなかなか難しいです。

だからこそ、

しっかりと入り口を整えておきたいものです。

以前にも書きましたが、

私が中学生に視聴させたいのは、

プッチーニの「ラ・ボエーム」です。

多感な時期であるからこそ、

お互いが惹かれあい恋に落ちていく様を視聴させたいのです。

鑑賞授業のねらい

Dsc_0203_01

音楽鑑賞の授業。

授業をとおして、

どのような変容を子どもに求めていくのか?

そのねらいには二つの方向がある。



一つめは、価値観の拡大。

音楽鑑賞の授業をとおして、

曲のよさに新たに気付いたり、

接したことがない曲に出会ったり、

文化や歴史などの違いを理解できるようになったり、

それまで持っていた自分の音楽観を広げることができること。



二つ目は、聴き方の深化。

音楽鑑賞の授業をとおして、

最初に聴いた時にはわからなかった曲の魅力がわかるようになったり、

曲の構造や美しさなどを理解できるようになったり、

最後に聴いた時に曲への共感や感動が深まっていたり、

楽曲の聴き方が深まりを見せること。


ここ最近、

とてもうれしい話を聞いた。

シューベルトの「魔王」の授業。

1.5時間かけてあれこれと学習した最後。

まとめとして、最後にもう一度全曲を聴かせたとのこと。

曲が終わった途端、

「こわ~・・・」という生徒の声。

授業をとおして「魔王」を学ぶことにより、

聴き方が深まったのだと思う。

きっと物語の内容、

旋律や和声などが生み出す音楽的な効果を、

その生徒たちなりに、

しっかりと受け止めることができたのだと思う。

授業の進め方などで悩んでいる方からの話だったので・・・

話を聞いているこちらもうれしくなりました。

きっとこのあとの授業でも、

成長した姿を生徒たちは見せてくれると思います。

生徒と共に、教師も成長だなあ・・・。


「音楽づくり授業ガイド」

Dsc_0327_2_01

ある日、

「楽しく実践できる音楽づくり授業ガイド

 (教員向け映像指導資料)」

なるものが届く。

学校現場でなかなか進まない「音楽づくり」の授業。

その一助になれば、

と国立政策研究所が作成したもの。

大学同期の調査官の力作。

小学校向けにつくられたものではあるけれども、

これがなかなかすばらしい。

目の前にしている子どもの実態も違うし、

指導者の考え方も違う。

だから、

そのまままねをするのは難しいけれども、

実践の大きなヒントになるのではないかと思う。

中学校の先生も、

小学校の先生にお願いして見せてもらっては?

そこから、

小学校と中学校のつながりができたら、

おもしろいんじゃないかな。

中学校も小学校も、

やっていることはにているし・・・。

構成は・・・


<低学年>
・「耳をすましてつくろう(1年生)」
・「といかけあううた」をたのしもう(1年生)
・「といとこたえをたのしもう(2年生)」
・「くだものリズムでつくろう(2年生)」

<中学年>
・「リコーダーでせんりつをつくろう(3年生」)」
・「図形の楽ふでつくろう(3年生)」
・「打楽器でつくろう(4年生)」
・「日本の民ように親しもう(4年生)」

<高学年>
・「ボディーパーカッションでつくろう(5年生)」
・「ことの音楽に親しもう(5年生)」
・「声のアンサンブルをつくろう(6年生)」
・「くり返しの和音進行でつくろう(6年生)」


学事出版から冊子も刊行されているとのこと。

結構いい値段です。。。

まずは、

3枚組みのDVDを見てからかな。

詳しく解説されているし、

児童の実際の動きや発言も視聴できるから、

かなり参考になると思いますよ!



教材研究を子どもの視点で

Dsc_0154_01

年に数回はある講師の依頼。

今年もうれしいことに依頼がありました。

こういう機会でもなければ、

音楽科教育について考えることが少なくなったのです。

立場が変わってしまったので、仕方がないことではありますが・・・。

子どもたちのために、

何か役立つことがあれば、

とそんなことを考えています。

そのほか、

指導案に関する相談もいくつか。

今回はその中でお話しした共通するごく一部を紹介します。




一つ目はミュージカル。

私たちの地区が使っている教科書には、

小学校4年生に「サウンド・オブ・ミュージック」が教材として載っています。

子どもたちにとって耳にしたことがある歌が多く、

とてもなじみのあるミュージカルです。

授業の導入でも良いし、

発展教材でもいいのですが、

「アナと雪の女王」を見せてもいいのではないかと伝えました。

子どもたちが今一番興味・関心を持っているミュージカルです。

「Let it go」が鳴った途端に踊ったり歌い出したりする子どももいるはず。

ミュージカルは楽しいもの、

そしてなじみやすい歌にあふれている、

そんなことがわかって、

将来自分で見に行く子どもがでたら大成功ではないでしょうか?

http://www.youtube.com/watch?v=6Qk5Fc1Vdqk

グローバル化社会と言われている今日、

子どもたちは将来世界へ羽ばたくことも考えられます。

それを考えて、25カ国バージョンです。




二つ目は歌舞伎「勧進帳」。

私たちの地区の教科書では、中学校3年生で扱うことになっています。

今や歌舞伎俳優をテレビで見ない日はありません。

ドラマでも活躍しているので、

子どもたちも目にしたことがあるはず。

そこから興味・関心を高めても良いと思います。

ドラマに出ている俳優たちの共通する仕事・・・とか。

私は今回、

「めちゃイケ」というお笑い番組を紹介しました。

岡村と愛之助と海老蔵出演の「花咲かじいさん」。

楽しいのと、

飛び六法での芸の違いがはっきりわかるからです。

http://www.youtube.com/watch?v=cnqGE8qQDEM

きっと子どもたちも目にしている番組だと思うのです。

そこに教師が教材としての解説を加える。

そのことで、

歌舞伎に対する関心・興味・意欲が高まると思うのです。

将来歌舞伎座に出かける子どもがいれば大成功ではないでしょうか?

私が見たところ、

今の子どもたちは伝統芸能に対する興味がけっこう高いと言えます。

こういう番組を使わない手はないかなあ、と。



参加した先生方に伝えていることは、

教材として何か使えるものはないか?

いつもソナー機能を働かせる、ということ。

好きな音楽を、

自ら楽しみながらあれこれと聞き比べや見比べをする。

趣味と仕事を一致させることができる音楽科という特質。

先生方自身がまずは楽しまないと。

そのために仲間と語り合うことも大切になると思うのです。

教科書の研究 4

※写真2

Img_2788_01_2

そして写真2のページ。

写真1と同じ辻堂海岸であるのに、

夕方になると全く違う印象に。

2番の歌詞に合わせた最高の写真だと思います。

これだけ写真にこだわるからこそ、

子どもたちのイメージが広がりやすいのです。

こういう写真にして欲しい・・・

ずっと願っていたことが実現しています。

決して目を引くためにカラー写真にしているわけではないのです。

ちゃんと子どもを育てる意図があるのです。


※写真6

Img_2789_01

この曲で何を学べば良いのか。

左端に学習のポイントが書かれています。

子どもが自分で学びを広げることができるように、

子どもに対して書かれたもの。

ただ、

それを達成させるために、教師はどんな活動を計画しなければいけないのか。

ここをしっかりと読んで考えたいものです。

ヒントの多くは、

充実した指導書にあります。

かつてこのブログでも紹介しましたが、

教育出版の指導書は大変充実しています。

音楽の諸要素を意識した授業を構築する源となります。

相談に来た方には一読するようにすすめています。


※写真7

Img_2790_01

写真2の右下。

ここを見るとどこに説明が書かれてあるのかがわかります。

自分で学びを深めていくための仕掛けです。




写真1のの写真をどう扱うか。

教材研究はそんなところから始まります。

子どもたちの音楽活動を充実させるためにも、

教科書を今一度しっかり読んでみませんか?

全国どこに行っても通用するように、

練りに練られて構成されています。

まずはここから出発して、

それから乗り越えて自主教材にしていっても遅くはないと思います。

教科書の研究 3

※写真1

Img_2785_01_3

この写真1のページは、

もしかしたら範唱を聞かせながら扱うことも考えられます。

イメージすることや初発の感想をワークシートに記入させることもできそうです。

写真と歌詞、曲に接することで、

その子なりの「浜辺の歌」への思いを膨らませてあげたいなあ、と。

そして、

授業で学ぶことによってその思いがどう変化していくのか。

変容をしっかりと評価してあげたいものです。


※写真4

Img_2786_01

写真4には作曲者の思いが語られています。

「遅く歌われすぎる」、と。

歌を実際に歌ってみてからでもいいと思うのですが、

作曲者はどう表現して欲しかったか、

ということを学ぶ貴重な場所です。

いろいろ音源に接してきましたが、

情感たっぷりに遅めの演奏が多い印象は否めません。

かくいう私も、遅めに伴奏して学生時代に怒られた経験があります。。。


※写真5

Img_2791_01

辻堂海岸という場所であること、

自分たちが目にしている写真が、作詞者が実際に目にして詠んだ場所であることを理解できます。

作詞者と思いを重ねることが大切。

その場所に行ければ最高ですが・・・。

そうはいきませんから。。。

続きを読む "教科書の研究 3" »

教科書の研究 2

※写真1

Img_2785_01_2

この写真1の2ページ、

実は扱うものがまだまだあります。


※写真3

Img_2787_01

写真3は写真1の歌詞の部分を拡大したもの。

「あした浜辺を」の歌詞のあと、「さまよえば」を段を変え、しかも3文字下げて表記しています。

なぜ段を変えてあるのでしょう?

なぜ段を変えて3文字下げてあるのでしょう?

このページの歌詞をしっかり勉強することで、

曲の形式が自然と身につくようにできています。

「浜辺の歌」は二部形式の曲。

「あした浜辺を」と「さまよえば」の二つの部分が2小節フレーズの「問い「と「答え」になっていること。

この2小節フレーズが合わさって4小節の小楽節となり、

しかも、前半の小楽節なので続く感じで終わっています。

この4小節を「a」といいます。



「昔のことぞ」と「しのばるる」も同じく2小節フレーズの小楽節。

ただし、後半の小楽節なので終わる感じで締めくくられています。

この4小節を「a'」といいます。



「風の音よ」と「雲のさまよ」も同じく2小節フレーズの小楽節。

歌詞の内容も、耳で聞いている音と目で見ている様子と見事な「問い「と「答え」になっています。

変化を持たせ、曲の山場になっていることから「サビ」と言われることも。

この4小節を「b」と言います。

この4小節を一息で歌うとなかなかかっこいいのですが、歌詞もしっかりと「問い」と「答え」になっていることから、2小節フレーズを意識することが大切だと思うのです。

その意味で、この教科書では歌詞から2小節フレーズを意識できるようにするために段を変え、3文字下げた表記となっています。

ここまでこだわって表記してあることを読み取ることが大切なのでしょう。



「寄する波も」と「かいの色も」は「a'」と同じ。

「a - a' - b - a'」という形式を「二部形式」といいます。

「問い」と「答え」からなる2小節フレーズを意識させること、

「a」は続く感じで終わる小楽節、

「a'」は終わる感じ締めくくる小楽節、

「b」は変化を持たせ、曲の山場となる小楽節、

これらを感じ取らせることで二部形式を活かした歌い方になります。

そのためにも、写真3の歌詞の部分を大切に扱いたいものです。

難しいですが・・・

教科書の研究 1

中学校2年生の共通歌唱教材、

「浜辺の歌」。

この教材に関しての質問があったので書いてみることにしました。

扱う教科書は「教育出版 音楽のおくりもの2・3上」です。


※写真1

Img_2785_01


※写真2

Img_2788_01

この教科書では合計4ページを割いて「浜辺の歌」を扱っています。

いただいた質問は、

「4ページを割く必要があるのか?」というものでした。

楽譜を主体とする写真2のページに収めた方が良いのでは・・・とのこと。

「必要だから4ページを割いているし、意図を汲むとるための教材研究をしていますか?」と答えました。

「浜辺の歌」は作詞者である林古渓が辻堂海岸の朝と夕方の景色を読んだもの。

私は北海道に住んでいるので・・・

北海道の子どもたちで、いったい何人がこの辻堂海岸を実際に目にしているのでしょう?

おそらく見たことのない子どもたちが多いはず。

朝と夕方の景色の両方となると、ほとんどいないのではないかと思います。

だからこそ、写真の充実が必要なのです。

作詞者がどのような風景を見、どのような感情を持ったのか。

曲を理解するのにはその追体験が必要となります。

この教科書では、

写真1で辻堂海岸の朝の風景を、

写真2で辻堂海岸の夕方の風景を提示しています。

この二つの写真があるからこそ、

1番と2番の歌を視覚的にイメージすることができ、

思いを持たせることができると考えます。

この写真をどう扱うのか?

そこが教材研究のポイントの一つと言えそうです。

ここを飛ばしていきなり歌に入ってしまうことは・・・

できれば避けたいものです。

斉唱のすすめ

Dsc_0832_01

学校教育でのクラス合唱について、

よくある相談がパートのバランスの悪さについて。

女声が10人に対して男声が25人、

しかも、

一生懸命歌おうとするのだけれども、

うまく声量として表現できない子どもたちが多い。

そのために意欲がないように見られてしまう。

そんな内容の相談でした。

私もこのような学級と出会ったことがたくさんあります。

合唱団ではないので、

パートがバランスよくそろうことはけっこう奇跡に近いこと。

生まれた年で、男女のバランスは違うので。

また、どんなに手を尽くしても、

声量の出ない学級もあります。

決してサボっているわけではなく、本人たちも何とかしたいと思っている。

それなのに結果が出ない。

そんなときは子どもも教師もつらいものです。

ただ、子どもを守るのが教師の役目。

発想の転換が必要です。

思い切って斉唱で歌わせるのもひとつの手。

斉唱はオクターブの合唱ですから。

まずはみんなで表現することの楽しさを味わってもらうこと。

音楽を嫌いにさせない、ここが大切だと思うのです。

それができてきたら、

所々、簡単な部分合唱を体験できるように編曲したものを歌わせる。

バランスが悪いのであれば、

男声が中心的な役割を果たす編曲にする。

中学校3年生だから混声3部合唱のこの曲ぐらいは歌えないと・・・

というのは教師の論理。

この曲を歌うからレベルが高い、

そう思う担任もいるようですが、

音楽科として納得してもらわないとね。

けっこう説得に時間がかかるときもあるし、

全くわかってもらえなかったときもありますが・・・。

子どもの実態に合わせて変えていくことが必要です。




今回の相談者は、

一回のやりとりですんなり理解したようです。

視野が広がった、と本人は表現していますが・・・。

私はその方が本来持っているものを引き出しただけです。

きっと、

子どもとともにすばらしい歌唱表現に仕上げてくれることでしょう。

この日、このとき、この場所で、この仲間だからこそできる、

世界でたった一つの歌唱表現を。

教材研究が命

Img_0234_01

「指導案を見てください」

という方がおり、久しぶりにじっくりと見る。

なぜこの授業に取り組むのかがしっかりと書かれており、

それに基づく目標と評価も具体的。

よくできた指導案だった。

そのことを伝え、

実際に授業する際の発問を聞いてみた。

ところが・・・

具体の発問が指導案の内容と一致しない。

学習内容を身につけさせるために、

子どもから引き出す発問に具体性が欠けている。

課題に迫れない・・・。




そこで、

教科書を持ってきてもらった。

公開する授業は6時間目。

それ以外の時間については、簡単な指導計画があるのみ。

私が見た本時案はもちろん6時間目のものだけ。

気になったので、

「1時間目の授業では何をするの?」

聞いてみたが答えられない。

公開する6時間目の授業の部分だけを必死に作ったとのこと。

「授業を作る時って、

 単元や題材全体を教材研究する必要があるんだよ。

 単元や題材全体の中で、

 公開する授業はどんな位置づけになっているのか。

 前提学力としてなにを持っていて、何を重点とすべきなのか。

 
 その意味で、授業に使う教科書って、

 ちゃんと全体の見通しやかかわりを考えて作ってあるんだよ」

と話をし、

具体的に教科書を例に助言。

教科書って、

その単元や題材に入る前の前提課題のページがある。

一見授業にかかわりのないような写真や図のページ。

ところが、そのページには、

その後の学習に必要なヒントがいっぱい隠されている。

しかも、

直接的ではなく、子どもの考えを引き出すように。

ここをどう扱うかが教師の腕の見せ所。

15分くらいの時間で子どもに理解させることができるかどうか。

そのためには、

じっくりじっくり教科書を研究すること。

そして、

そのページでどのような発問をするのか。

課題に迫るために子どもから引き出さなくてはならないもの、

そこをしっかりと考えたい。

そこにこそ、教材研究の命があるのだから。




そうそう、

その地域にあった具体的なものに置き換える、

という話もあったけれども。。。

教科書の図も写真もすごく考えぬかっれているもの。

替わりの自主教材は子どもの思考を邪魔する時がある。

否定するものではないけれども、

教科書のレベルまで考え抜かれたものとなっているかどうか。

できれば教材開発の時間を教材研究に当てた方が良いのでは・・・。

いろんな考え方があるけれども。

それから、

今の子どもたちはグローバル化社会で生きていかなければならない。

今住んでいる土地を学ぶのは大切だけれども、

それ以外の広い視野で物事を考えられるように育てたい。

その意味で、

地域に根ざした教材以外を学ばせることも大切だと思う。

より以前の記事一覧

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット