カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

カテゴリー「今を生きる」の531件の記事

一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。

蓮の花

Img_4993_01

蓮の花がたくさん咲いているところがありますよ。

そんな情報をもらい、

出かける。

7月末に熊本で蓮の花を見た時は、

すでに終わりかけだった。

でも、

北海道では8月20日過ぎに見頃を迎えるとのこと。

1年で2回蓮の花を楽しめるなんて、

何となくトクした気分。

お盆過ぎの8月16日に行ってみました。

Img_4994_01

自宅から車で30分。

早来にある鶴の湯温泉へ。

青色が鮮やかなしおからとんぼが舞う池へ。

背丈の高い蓮の花を発見。

黒っぽい池からすっと鮮やかな花が伸びる。

どんなに水が汚れていても、

蓮の花はきれいな花を咲かせるのだとか。

Img_4995_01

熊本の蓮の葉は、

私の手のひらの7倍くらいある巨大なものだった。

こちらの蓮の葉は、

小ぶりでかわいらしい感じ。

でも、

見頃にはちょっと早かったようなので、

時間をおいてからまた行こうと思っています。

定休日で鶴の湯に入れなかったので。

本を作る

Img_4977_01

自分の考えを本としてまとめてみたい。

ずっと心の中で描いていた思い。

ブログを読んでいる方々からも・・・

写真としてまとめてみては?

カレンダーみたいなものをつくってみては?

書きためた文章を整理してみては?

様々な要望が届いていました。

自分も、

何となくワープロソフトで打ち込んでいってみようかな・・・

なんて考えていた時に貴重なアドヴァイス。

「せっかく写真を撮っているのだし、

 その写真と文章を組み合わせてみては?

 あなたの良さは短い文章で簡潔に表現すること。

 長い文章よりも、

 きっと心に残るものになるはずです。」

さっそくいろんな会社のものを比べてみた。

気に入ったデザインがあったものの、

非常に値段が高くて手が出ず・・・。

検討した結果、

シンプルではあるけれども、

安くて編集が簡単な「しまうまプリント」に。

どんな仕上がりになるのか、

カイの写真集を試しにつくってみた。

これがなかなか!

文章を練り、

写真を選び、

少しずつ完成させていきます。

まずは、音楽科教育編。

その次は生き方に関わって、かな。

三重湖の夕陽

Img_4961

北海道の南幌町。

三重湖という三日月湖があって、

様々な生物が生息している。

そればかりでなく、

ここの夕陽がけっこうきれい。

Img_4960

熊本、岐阜と道が出張が多かったため、

どこにも出かけられず、

近場で夕陽を見つけに出かけたのでした。

静かな静かな夕陽でした。

Img_4962

Img_4926

Img_4963

夕張川の夕陽も美しく、

しばらく見とれていました。

この日以降、

北海道は曇りや雨が続いたため、

いい時に見に行けたと思っています。

本当は・・・

今年こそ海に行きたかったのですが・・・。

カイの近況

Img_4950_01

熊本やら岐阜やら・・・

道外出張が多かったためか、

戻るとカイのスリスリ攻撃。

ただ・・・

あまりうれしくなりすぎると・・・

かじり出す。

Img_4941_01

足ならまだしも、

すっかり熊本で太った腹や背中にも。

チョビットだけかむので、これが痛い。

Img_4788_01

Img_4936_01

心電図検査の際、

「足傷だらけですね。どうされましたか?」

と聞かれる始末。

Img_4662_01

Img_4904_01

Img_4907_01

Img_4943_01

布団にランチョンマット、新聞・・・

注目を浴びたいのか独り占め。

大嫌いなブラッシングをされると・・・

爪研ぎでうさを晴らしています。

復旧を祈って・・・

Img_4338_01

縁があり、

児童交流で再び熊本県多良木町へ。

その最終日、熊本城へ。

4年前、突然の激しい雨に見舞われたが、

雄大な姿を見せていた熊本城。

退職してから、もう一度ゆっくりと訪れることを夢見ていた。

その間の熊本大震災。

今回、状況を目のあたりにして言葉を失った。

涙と共に祈らずにはいられなかった。

Img_4308_01

4年前はここから入場したのに・・・

今回は左折。

Img_4313_01

Img_4315_01

Img_4318_01

児童交流を通して、

心と心のふれあいがあるからこそ、

熊本のことを心配していた。

温かく迎えてくれた方々が住む県。

人ごとではなかった。

Img_4344_01

訪れたこの日、

奇跡の一本柱を修復するために取り除く日なのだとか。

そんな日に訪れることができたのも何かの縁なのかもしれない。

完全復旧は20年後。

その日まで応援し続けたいと思う。



訪れた日は36.8度の猛暑。

そんな中で必死に作業をしている方々の姿。

感謝の気持ちが自然とわき起こってきました。

日常の風景から・・・

Dsc_0770_01

公宅裏の道路。

窓から見える風景もすばらしいのだけれども、

外に出てみると表情がまた違う。

一点からこちらに広がってくる道路。

この道路の角度は?

90度より広い?狭い?

三角定規の直角部分を当ててみると・・・

人間の目って、意外にごまかされるものですね。

Dsc_0771_01

その道路も霧の深い日はこんな表情に。

農地が多く、

いくつもの川も流れているので・・・。

けっこう霧が出やすいのです。

Dsc_0768_01

Dsc_0773_01

右側の樹の集まりのところには、

キツネの巣が有り、

つがいで散歩する姿を見ることができます。

かっこうの鳴き声や様々な野鳥の鳴き声が、

昼夜問わず聞こえてくる土地です。


Dsc_0774_01

なんとなく、心豊かになれる。

住んでいて心和む場所です。


なんと!

これが2000件目の投稿でした。

洞爺湖の夕暮れ

Img_4564_01

北海道の洞爺湖。

数年前、

ここですばらしい夕焼けに遭遇した。

その時は、

曇り空の一瞬をついての景色だったけれども、

ここで、そんな景色に出会えることを知った。

Img_4539_01

Img_4563_01

あれから3年がたち、

外の景色を眺めていると・・・

刻一刻と変化していく景色。

空が真っ赤に染まっていく。

前回とは全く違う表情。

3年前のことを考えながら、

たっぷりと堪能することができました。

Img_4565_01

Img_4568_01

羊蹄山もはっきりと見ることができ、

とてもトクした気分になれました。

Img_4570_01

その土地でしか味わえないもの。

それに出会えた時の感動はとても大きいです。

今度はいつ見ることができるかな・・・。

趣味として

Img_4631_01

ホテルの一室、

身支度を調えていると視線を感じる。

6階なのに・・・変だな、

と思って窓を見ると一羽のカモメ。

ジーッとこちらを見ていました。




写真を職業としている人に、

この写真を含めて、見てもらった。

そうすると・・・

写真を楽しんで撮っているようでうらやましいです、との言葉。

好きで始めた写真なのだけれども、

職業にしてしまうと、

それだけでお腹いっぱいになってしまい、

自分で風景とかを撮りに行こうという気持ちになれないのだとか。

趣味で撮っている時が一番楽しいのかもしれませんね。

他人に対する責任が発生しないので。

気分転換であちこちに出かけた時に、

せっかくなので、

そこにある景色を残してみよう・・・。

そんなことから始めた写真。

ものをよく見るようになったような気がします。

それまで気づけなかったようなものに気付くことができるようにも。

これからも楽しみとして。



あちこち写真を撮りに行っていると、

突然に話しかけられることもあり・・・。

写真をお互いに見せあうことも。

「優しい写真ですね」

って言われることが多いのだけれども・・・。

本当かな・・・?

鯉のぼりに寄せて

Img_4120_01

地域の方々、保護者、卒業生、在校生・・・

たくさんの人たちが集まって、

学校に鯉のぼりを上げました。

私がいた時から始まり、今年で5回目の試み。

子どもを思う地域の方々の心が伝わってきます。

Img_4119_01

前任校を去る時、

そっと去るつもりだったのですが、

職員玄関に向かうと出勤していた職員が勢揃い。

20名もの見送りでした。

正直、泣けました・・・。

自分がやってきたことを初めて確認することができました。

私は、こういう仲間と学校づくりをしてきたのだと。

とても幸せな教師だと。

Img_4125_01

そして、もといた赴任地へ。

「お帰りなさい」「待ってました」・・・という声をたくさんもらいました。

さらには・・・

「にしあつさんの名前の入った卒業証書がもらえると子どもたちが喜んでいます」

なんてうれしい言葉まで。

勤務していた3年間をこんなにも評価してくれるなんて・・・。

私は全くわかりませんでした。

とてもあたたかい街です。

責任の重さを感じてますが、

自分のやれることを着実にやり抜こうとだけ考えています。

背伸びしても、苦しくなるだけなので。

冬に逆戻り

Img_4093_01

朝、

校門でいつものように子どもたちを迎えていると・・・

とても不思議な虹。

確か・・・

以前、

これが見えた時に大荒れになったような・・・。

案の定、

4月半ばというのに強風と雪。

天候不順が続きます。

Img_4103_01

ただ、

天候不順だからこそ、

出勤途中にこんなものを見つけました。

サクッ、サクッと音がして地面が沈むので、

よく見ると氷の柱で土が浮いていたのでした。

より以前の記事一覧

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット