カテゴリー

  • くいしんぼうの日記
    好きな食べ物、美味しかったものやお店を紹介します。
  • こころを育てる
    教育全般について感じていることや考えていることを紹介します。
  • ことばのちから
    本や雑誌、TV、講演など、人や情報との出会いでよかったことを紹介します。
  • つれづれ音楽記
    大好きな音楽、聞いてよかった音楽、出会ってよかった音楽などを紹介します。
  • 人をつなぐ
    教育の仕事を進めるにあたっての人とのかかわりについて思いをつづります。
  • 今を生きる
    一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。
  • 仲間とともに
    全空知音楽科教育連盟の取り組みや研究を紹介します。
  • 授業に使えそう!
    音楽科はもちろん他教科のこと、授業実践や教材、考えなどを紹介します。
  • 音楽科教育を読む
    音楽科教育の動向を紹介します。
無料ブログはココログ

音符カーソル

カテゴリー「今を生きる」の543件の記事

一日一日の出来事やそのことを通して考えたことなどを紹介します。

夕張岳からの日の出

Dsc_0338_2_01

ある3月の朝、

夕張岳方面から朝日が昇るのを発見。

写真に撮ろうと考えていたのだけれども、

その後、黄砂の影響で姿が見えず。

ようやくチャンスが来たのでした。

Dsc_0328_01

Dsc_0300_01

真昼に写すとまだまだ雪で真っ白。

朝日に照らされるとわかりにくいのですが…。

Dsc_0331_01

Dsc_0334_01

Dsc_0346_01

Dsc_0352_01

山から朝日が顔をのぞかせ、

一気に姿を見せるまではあっという間。

刻々と変化する姿は息ができないほど。

Dsc_0332_01_2

Dsc_0284_2_01

Dsc_0363_2_01

Dsc_0268_01

芦別岳や赤く染まった雲、白鳥たち。

様々な姿が目を楽しませてくれます。

また来年…。

春の夕焼け

_01

空気が澄み渡っている日、

南幌町からは遠く羊蹄山が見えます。

蝦夷富士と言われている山なのだけれども、

見える方角によっては全く違う姿に。

そこに北海道に春を告げる白鳥たちが夕陽に舞っていました。

Dsc_0310_01

Dsc_0306_01

Dsc_0311_01

Dsc_0318_01

山々を赤く染める夕陽。

白鳥たちも手稲山を背景に飛んでいきます。

Dsc_0303_01

その逆方向には月とともに夕張岳。

3月30日の様子なのですが、

まだまだ雪で真っ白です。

_01_2

樽前山も夕陽でオレンジ色に。

朝に雪が降り、

空気に混じっていた黄砂がきれいになったため、

すてきな景色に出会えました。

好奇心旺盛

Img_5745_01

とにかく、

新しいものが好き。

珍しく、

気になるものがあると、

目を輝かせて寄ってくる。

この日は柿の種が気になったらしく・・・

匂いをかぎ、

左手でちょいちょいしようとする瞬間。

食べられるわけがないのにね・・・。

Img_5748_01

お正月にいただいた、

招福トイレットペーパーとパチリ。

このあと、

このトイレットペーパーと格闘をして、

とどめにがぶりと一撃。

油断も隙もあったものじゃありません・・・。

棟方志功展

Img_5721_01

荒れる予報の冬の日、

JRが止まらないことを祈りつつ棟方志功展へ。




ゴッホに衝撃を受け、

油彩から始まる芸術家としての一歩。

そして、

独自の世界を繰り広げていく変遷の過程。

とにかく圧倒された・・・

息もつけないほど。

たくましい生命感にあふれた人間賛歌。

一枚一枚からまるで音楽が見えるかのよう。

宇宙と一体となったかのような世界は、

ベートーヴェンにも共通すると感じた。

Dsc_0247_2_01

テレビCMでは、

背後にベートヴェン作曲の、

交響曲第9番台4楽章が流れてたけれども、

まさにぴったり!

他の音楽が思い当たらない。




そして、

昔、

ある占い師から私の守り神と言われた、

弁財天の絵はがきを購入。

きっと日々を見守ってくれるはず。

準優勝!

20171016_17_08_37

お願いされたので、

街の写真コンテストに写真を5点、出品しました。

冬祭りにあわせての写真コンテストで、

来場した町民の方々が気に入った写真にシールを貼っていくのだとか。

なんと!

「秋の黄昏と向日葵」

が準優勝に入ったとのこと。

とてもうれしかったです。

投票してくれた町民の方々、ありがとうございます。

一番、南幌らしくない写真のような・・・。

でも、山も坂もない全町バリアフリーの南幌だからこそ、

夕陽と向日葵をおさめることができたわけで・・・。

そう考えると、南幌らしいかな。

20180128_15_02_00

20180128_14_58_01

20180114_18_21_25

Dsc_0854_01

どの写真も、

南幌町の日常にあふれている風景です。

ちなみに、

私が一番好きなのは、

2枚目の写真。

「初夏の薄明かりと夕陽」

です。

南幌の冬景色

20180114_18_20_18

20180114_18_20_08

今年の冬は、

11月と12月がとても寒かった。

霧が発生したあとに冷えることが多かったため、

枯れ木には雪の花が咲いたような感じに。

20180114_18_20_31

20180114_18_19_57

青く澄み切った空に、

くっきりと遠くの山が姿を現すことも。

20180114_18_19_43

ベランダから、

移ろいゆく冬景色を楽しむことができる・・・

とても贅沢なことだと、日々に感謝しています。

この景色に出会えるからこそ、

心豊かに生きていくことができるのです。

箱と格闘

Img_5520_01

クリスマスケーキ、

食べ終わったあとは・・・

Img_5521_01

Img_5522_01

Img_5523_01

Img_5524_01

Img_5525_01

Img_5527_01

カイが箱と格闘を始めます。

今回の敵は・・・

箱の中のろうそくのようで・・・。

その後どこかへ持って行ってしまいました。

見つかるのは・・・

数年後の引っ越しの時かな・・・。





古い記事だと感じていると思います。

実は1ヶ月から2ヶ月前に記事を打っているためです。

季節があわなくてごめんなさい。

「心より心へ~感動の響きあいを求めて」

20171126_16_05_18

今まで自分が音楽科教育について考えてきたこと、

それを一冊の本にまとめました。

少しずつ少しずつ、

時間を見つけては修正を加え、

ようやく完成です。

「不易」

ということを意識して作成したのですが、

時代によって移ろいゆく部分もあることでしょう。

できた段階で過去のものとなる、

ともよく言われていることです。

文章がくどかったり、

わかりにくかったり、

考えそのものが誤っている部分もあるかもしれません。

それでも、

一冊の本として完成することができたのは、

とてもうれしいです。

自分自身の記念となります。




ある方の存在がなかったら、

作成することなんて考えなかったと思います。

ありがとう!

心から。

雪の季節

20171119_10_40_36_2

11月18日(土)・・・

朝は晴れていたのに、

夜に運転する時にはけっこうな吹雪。

前が見えにくかったほど。

20171119_10_40_48

そして11月19日(日)の朝。

起きて窓の外を見ると・・・

一面の雪・・・

一晩で一気に降り積もったのでした。

とうとう冬か・・・。

雪との闘いの季節です。

20171119_10_40_26_2

そんな中、

カイは例年通り、

屋根からの落雪を追いかけてます。

何がおもしろいんだか・・・

鳴きながら落雪にあわせて首を上下。

疲れないのかな・・・。

ご近所の風景

Img_5167_01

朝、

朝食をつくっていると・・・

朝陽と共に雲がみるみる赤く染まっていく。

玄関に出てパチリ。

Img_5165_01

夕刻、

ベランダから差し込む光が赤い。

外を見ると・・・

ライオンキングに登場するかのような夕陽。

これも慌てて外へ出てパチリ。

Img_5173_01

10月の初日。

ちょっと歩くとたくさんの向日葵。

初秋の向日葵が珍しくパチリ。




あちこちにすてきな景色があふれている。

心豊かになれる街です。

より以前の記事一覧

夢街

  • 日の出
    それぞれの街にはそれぞれの魅力があります。 通りかかったときに目に飛び込んでくる風景。 心に残る瞬間瞬間を写真に残してみました。

ぽちっと!

  • ポチっとよろしく!

twitter

ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット